2010/04/27

美術展のご紹介  豊田&トヨタ 関連で  etc

 
 
相変わらず天候不順ですね。
ダウンコートを羽織っておられる方をお見かけしましたが、
その姿に違和感を感じないほど、確かにじんわり何となく冷えます。





今日は、
街中ではなく、比較的静かな郊外の美術展をご紹介しますね。
連休のお出かけに、絵で、目と心を癒すのも良いかもしれませんね。



下は、ドイツ:デュッセルドルフを拠点に
制作を続けていらっしゃる村瀬恭子さんという方の展覧会です。


muraseten2.jpg


4月10日から6月13日までとなっています。
場所は豊田市美術館です。アクセスなどは公式HPで、お調べくださいね。




この展覧会、少し興味を感じています。
折を見て、出かけてみようかと・・・・。





で、下はトヨタ所蔵品の展示がされている、
鞍ケ池アートサロンでの展覧会です。
写真は、少し先の予定のものですが、
現在はセザンヌなどが展示されているようです。


(注:上にご紹介の豊田市美術館の豊田は市名です。
下のトヨタは、車のトヨタです。
違い、お判りくださいね。ややこしいですが・・・・・・・・。(笑))


鞍ケ池アートサロンについての詳しくは、公式HPをご覧くださいね。


kuragaike1.jpg



↑お車の利用が便利な場所です。小規模のギャラリーです。

こちらは入場無料なのも魅力ですね。








~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・





しかし、この天候不順はいつまで続くのでしょうね。

聞くところによりますと、
1783年前後の「天明の大飢饉」は、
実はアイスランドのラカギガル火山の大噴火に続く他火山噴火での
火山灰による冷夏が
原因のひとつだったそうですね。


もちろん時代が違い、事情も異なるわけですが、
日本では野菜が高騰していますし、農業はこの天候不順で、大きな打撃を受けているようです。


こうしてみると、
地球上はいつでも、直接的にどこかで繋がっている(関わりあっている)のがよくわかりますね。





ところで今日は一日、雨でしたが、
降り止んできた夜、空では、流れる薄雲の向こうに、淡い虹をまとった月が美しいです。
微笑んでいるかのように見えます。


ベランダに出て、淡く光る月の虹衣を見上げていましたら、
何とはなしに心が洗われてゆくようで、

(空は芸術家、この上ない美しさを、いとも簡単に描くのですね。)


ありがとう・・・・・・・って、思えたのでした。



今夜はよく眠れそうです。



















関連記事
絵や美術展&アートティックショップ