2010/04/20

夢  (富山編)  ヤマトタケルノミコト etc 

  
 
 
気候不順が続いていますね。
今日は寒いです。
皆様のお住まいの方はいかがですか?




さて今日の話題は、こんな夢↓とその後のことetcで、雑談です。




~~~・~~~・~~~・~~~・~~~


なぜか、富山というところに家を手に入れたらしい。
中古らしく、でも綺麗に清潔にリフォームされていて、あ、良いんじゃないっと
各部屋を点検している。
外に出ると、山景色がとても美しく・・・・・ああ綺麗、とうっとり、

空を見ると、曼荼羅のような絵模様が、稲妻と共に現れたかと思うとすぐ消え、
次に、大きな渦が雷雲のように現れ
渦は、赤色群、白色群、グレー群とあって、せめぎ合っている感じ。

?~と思いつつ、部屋に戻ろうとすると
目の前に階段が現れ、なぜか石階段で、階段の各段に野花がほっこり一輪ずつ咲いている。
花を見やりながら、一歩一歩登りながら、目が覚める。


何となく伝る。
”今歩く足取りの一歩ごと(一瞬一瞬)に花あり。その花を思ってゆきなさい。”


うん、すごく判りやすい・・・・・・・・・。(苦笑)



が、なぜ富山なの?
ということと、あの空の模様は何?

ということが何となく疑問のまま、その日は過ぎ、

その夜のこと。↓


ふっと、視野が天空の遠くから、日本の地形を見ている感じになる。
富山辺りに、横に広がる(ナイアガラの滝のような)光の滝が見える。
滝は下から立ち昇っているようでもあり、上から光のシャワーで降りているようでもあり、
どちらにも見える。
光しぶきがすごくって、その下はよく見えない。
山の尾根に沿っているような・・・・・・・。

?????と思うと、次の瞬間、元に(自分の部屋に)戻っていた。


断片的ですが、
印象として咄嗟に浮かんだことばが

日本
神々

ヤマトタケルノミコト


など
・・・・・・・・・ウ~ム?


~~~・~~~・~~~・~~~・~~~



(※ ヤマトタケルノミコト(日本武尊)は、
聖ミカエルのエネルギーの分身またはそのものの和名とされています。

このヤマトタケルノミコトとは何かしらのご縁があるらしく、
少し、出会い?らしいことがありました。
それは以前のある日、熱田神宮での感覚体験を通してのことでした。
出合いと言うより、そのハートが開かれて、
その中に私が抱き入れられるように入り、ひとつに溶け合った、という感じでしたかしら。

熱田神宮には、ヤマトタケルの剣(草薙の剣)が奉納されています。
なので、そこでヤマトタケルノミコトの”ハート”?と出会う(邂逅という方が近かったかも)ことは、自然なことだったかもしれませんが、
そのときの私は、涙が溢れて止まらず、ただただ感動していました。

そのとき、周囲の木々もまた、ハートを開いて、私を包んで祝福してくれていた気がしました。
忘れ得ない感動的な感覚体験のひとつです。)





と、話しを戻させていただいて、
この光の滝を目にして何となく感じましたのは、

地上では、今、人間界が慌しくなっています。
世界中の現象かもしれませんが、
ことに今、日本では、激しいまでの変革が起きています。
国内のあちらでもこちらでも、
火の手があがるように気炎があがり、
様々な摩擦も引き起こされているように思えます。
国会はどうやら機能不全状態で、国防の危機もささやかれています。

そんな訳ですから、
天界でも、神々が、慌しくなっているのかしら・・・・・・・・・・? などと。





と、この辺にしておきますね。
夢やビジョンの絵パーツを分析したり、
パズルをはめようとするのは野暮というものですよね。
意味が必要なら、必要なとき、自然に紐解けるでしょうし・・・・・・。




~~~・~~~・~~~・~~~・~~~




話が変わりますが、富山で思い出したのですが、
新しくネット上に見つけたこちらのブログ様ですが、
チャネリングメッセージを、
人間らしい感情を持ちながら(ぼやいたりしながら)見つめていらっしゃるのが、
かえって好感、感じたりします。
富山からの発信だそうです。
→ 「勝手に言ってます」

初めてこのブログ様を訪問した際、この記事に惹かれました。
自分の人生は自分一人のものではなく、一人で歩いているのでもなく、
魂の面では、少なくとも”光の兄弟、家族”と共有しているんだということが、
理屈ではなく、情感と共にすんなり腑に落ちる気がしました。→ 「魂の兄弟たちの夢」



↑この記事は夢のことを書かれています。



夢は、無意識にチャネリングをしたり、天空で遊んだり・・・・・etcで、
楽しいものですね。

心理や状況次第では、嫌な場合もありますが、(>_<)
すべて絵模様になって現わされるという観察視点で見て行くと、
なかなか面白いのではないでしょうか?



ということで、私の場合、夢の中に居ることも、
現実の中であって、そうでないような、でも私には現実の、ある意味、一部なのでした。




皆様も、夢を、どうか楽しんでくださいね。(^^ゞ




















関連記事
ハート *あれこれ*