2010/03/03

光への祈り 「ライトボディの目覚め」より アリエル&タチーレン著


梅の花が一気に咲き始めています。


ご近所に、白梅と紅梅を一対で、お庭で植えていらしゃるお宅があるのですが、
もう見事な咲き方で、道行く人も思わず立ち止まって、眺めています。


撮影しようとしますと、道路からですと、
どうしてもそのお宅が写りこんでしまいますので、
遠慮させていただいて、
かわりに他の写真をお借りします。


ume1.jpg

     フォト 「天の欠片」様より



梅は桜より地味かもしれませんが品位が感じられて、私は大好きです。

(と、桜も大好きですけどね。(笑))




梅の花に、人々が見惚れている頃、

桜の樹の内部では、花の芽立ちの準備が、静かに進められていることでしょう。


待ち遠しいですね。





さて、前回の記事で、”祈りのことば”をご紹介しましたので、
続けて、こちらの祈りもご紹介してみます。




ライトボディの目覚め 改訂新版ライトボディの目覚め 改訂新版
(2000/05)
アリエルタチーレン

商品詳細を見る




この本は、祈りのための本という訳ではありませんが、
ライトボディーへの変容を促すための祈りの言葉が、
幾つか紹介されていますので、

その中から、2つほど、ご紹介しますね。

(私的には、祈りというより、詩という言い方の方がしっくりするのですが、
一応、本中では祈りとして掲載されていますので、祈りという言葉で書かせていただきます。
祈りの”詩”という感じでしょうか。)





水の摂取の必要性については、いろいろな見解から、さかんに言われていることですが、
下記は、その水を神聖化する(波動を高める)ための祈りです。


-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----



~「水」への祈り ~


私は「命の水」を受け入れます

これを「光の水」と宣言します

この水を体にとり入れるとき

私の体を輝かせてくれます

私は「命の水」を受け入れます

これを「神の水」と宣言します

わたしは「わたし」であるものすべてのマスターです



-----*-----*--------



水は、文字通りの水だけが水ではありません。
飲み物、食するもの、空気、体、植物など
その成分の多くが水です。



水を称え、水の波動を高めることは、
わたし達の”生命”を称え、また私たち自身の波動を高めることと、
直接的に、繋がってゆくのではないでしょうか。


ということで、ヒーリング関係では、多様な方法が提案されていますので、
いろいろな方法を皆様もうお使いかもしれませんね。

もち、この本も古いので、この祈りも、もうご存知の方も多いかもしれません。


水にクリスタルを入れて、ストーンの波動を転写する方法も、
ストーンヒーリングやドリーン・バーチューさんの著書でも触れられていますので、
私もたまに、そうすることがあります。



しかし物を使うのが衛生面で難しい場合は、
こうした言葉を使うのもひとつの方法かも。
アフォーメーション型と言えますかしら?


 (アフォーメーション;言葉を使ってなりたいイメージなどを宣言すること)






下は、光の吸収量を増大させるための祈りです。


-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----


~「光」への祈り ~



わたしは「光」のなかに住む

わたしは「光」のなかで愛す

わたしは「光」のなかで笑う

アイ・アム、「わたし」は「光」によって保たれ

滋養を与えられる

わたしは喜びにあふれて「光」に奉仕します


なぜなら「わたし」は「光」だから

アイ・アム、「わたし」は「光」です

アイ・アム、「わたし」は「光」です


われはここにあり

アイ・アム  アイ・アム  アイ・アム



-----*-----*--------




と、ご紹介まででした。





個人的には、この本に掲載されている祈りの文章は、
どれもリズムがあって詩的で美しく、そしてなぜか微妙にユーモアを感じたりします。(^-^)
喜悦心というか・・・・・・・?

著者タチーレンさん(現、ザラザイエルさん)のハートから放たれるリズム&喜悦でしょうか?



この本はある意味で実用書ですが、ある面では(個人的には)
詩篇を読んでいる気分にもなります。(ことに祈りの文章の部分では・・・。)
そういう意味で、不思議な感のある本です。




☆-------------------------------------------------






外は、春・芽吹きが始まっています。

私も衣替えしなくっちゃ、衣服も、&、心も・・・・・・・・ですね。




そういえば、今日はひな祭り。
小さなお子さんのいらっしゃるご家庭では、
きっと愛らしいお雛様が飾られていることでしょうね。

素敵な雛日和になりますように・・・・・・・・・。icon_momo1.gif













関連記事
本を通して