FC2ブログ
2015/07/29

蜂を見て   転生やアセンションの事などをふと。

 

 
 
蜜を採取する蜂

1507hati.jpg



小型の蜂が熱心に花の密を採取していました。
人影やカメラのシャッター音など全く気にならない様子。
 食事に忙しいのだ!?




カメラで追いながら、蜂さんのそんな様子を見ていたところ、ふと、

蜂はなぜ蜂になったのだろう?
などと、思いまして・・・・・。



きっと、この子も、どこからか転生してきたのでしょう、
何かしらの意図を持ち・・・・・・・・。



この子は、蜂になる前のいわゆる前世は何だったのかしら?
宇宙人だったかも。(←飛躍しすぎ?)

あるいはどこかの国の王様だったかも。

王様が虫に生まれ変ることなど有り得ない?

いえいえ、
一つの生の中で出来なかったことへのあこがれや、失敗へのやり直しなど、様々な理由で、
次なるステージへの冒険やチャレンジは、したくなったり・・・・・・・・・、するようですよ。
もし、チャンスがあるならば。

なので、しごく単純な比喩で、例えば長寿でお城の中で大事にされた王様だった場合、
短命だけれど美しく良い香りを放つお花の間を自由に飛び周れる蜂になって、
さあ元気に飛ぼうと意図して生まれてくる可能性だって、有り得るのです。
もし、この王さまが花をこよなく愛していたならば。



花と蜂は互いになくてはならない関係ですね。
蜂は花の花粉を、自由に飛び回れない花に代って遠くに運び、
花は蜂に蜜を与え身体を支えます。
見事な共存です。





と、余談はさておき、


転生のプロセスには
どのようなパターンにしても、それぞれすべてに尊い意味があります。

何の意味も意図も目的も無く、
漠然と、今この世というところに生れて来ている訳ではないのです。


蜂や蝉や蜻蛉やでんでん虫といった・・・・・・小さな昆虫達も、
あるいはもっと小さく歓迎もされないダニやノミやシラミと言った類の虫たちも、

その短い一生を、転生の一サイクルの中で生き、
転生を繰り返す場合も繰り返さない場合も、
光(ワンネス=すべてはひとつ)への道を、
言い方を変えると、アセンションのプロセスを、着実に歩んでいることでしょう。



転生のプロセスの中での、
その一瞬の形ある現れとして、
小さな虫という生命体となって、
この地球界の”今”に、今は出現しています。

そして、与えられている命の領分を、懸命に生きています。
たぶん、人間よりずっと純心無心かつ一生懸命に。




彼らがそうしたスピリチュアルな仕組みを知っているかどうかは判りませんが、
形が違うだけの同じスピリッツ仲間として観るなら、
知っているのかもしれません。
もしかしたら、人間よりずっと高い意識レベルで、エーテルの世界もこちらの世界も知り尽くした上で、
何らかの意図で、昆虫という一生を選びチャレンジしているのかも・・・・・・・・・・・・・・・・。



知らぬは人間ばかり・・・・・・・・・・・・かも。





と、そんな風に思うと、
あまり歓迎されない虫、たとえばダニやシラミやetc・・・・・・・・などへも、
違った見方や反応の仕方が出来るのやもしれません。


とはいえ、
共存は何かと難しいのが、現実ではありますが・・・・・・・・・・・・・・・・。






今、地球界は、自然界も人も動物もまるごとアセンションしつつあると言われています。
(※ アセンションとは、意識の底上げであって、到達点ということではありません。)

一説では数百年かけて、また一説では2、3千年かけて、
いわゆる弥栄の時代(愛と調和に満ちた黄金時代)を、迎えるとされています。


数百年や、2,3千年かけて・・・・・?
そんなに待てない?
そうね、でも
直線状に考えられていた”時”の概念も変わる、または無くなるという説もあるので、
意外とそうでも無いのやも・・・・・・・・・・・。




そしてアセンションした遠いか近いかの未来を想定したとして、

調和に満ちた平和な地球・・・・・・・・・・・・・、実際そうなるかどうかは不明としても、
何にしろ、アセンションした未来の地球に、
愛らしい昆虫や、
今の世では共存しにくいダニやシラミ、大スズメバチや毒蜘蛛や
細菌やウイルスも居るのかしら?


居ても
互いに影響されず、平和に共存できるようになっているのかしら?



想像はしにくいですが、
私たち人間の現時点の視野では想像が及ばない世界あるいは状況が展開してゆく・・・・・・・・・・・
可能性だけは、
否定できませんね。




そうそう蜂と言えば、
ミツバチが大量に消えてしまったということが、世界では何件か報告されているようですね。
それについても、蜂たちが先にアセンションして別次元に移行したという説もあります。
真偽は謎ですが、もしそうだとするなら、
未来地球への先行でしょうか?






ところで、、
食事に忙しそうなそこの蜂さん、ホイホイ、君、君
この地球での今、一緒に居てくれてありがとう。

そうして未来地球では、また会えますか?

1507hati2.jpg

















関連記事
つぶやき