FC2ブログ

Ayaの徒然お便り

身近な自然・草花のことを中心に、心に触れた詩や音楽や美術展、日常の出来事やスピリチュアルな話題など幅広く混ぜながら、徒然にお便りします。

Entries

久々に「ギリシャ悲劇全集」を開いて②   「王女メディア」を振り返る。

 
 

 
台風は去り、
空に明るさが戻ってきました。

一部では梅雨明けとなったそうで、
いよいよ入道殿が真夏の空にお出ましですね。



写真はこの台風接近前の夕空

1507yuuzora.jpg



~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~



この記事は前記事からの続きになります。


どうやら私は
人文書院「ギリシャ悲劇全集」という古い本をとおして、、
すっかり紀元前のギリシャ劇場に(心が)飛び、入り込んで行ったようです。




全集は
一巻目が
アイスキュロス作篇で
「ペルシャの人々」他 計7篇

2巻目は
ソポクレス作篇で
「オイディプス王」他 計7篇

3、4巻がエウリピデス作篇で
3巻が無く、4巻目では
「ヘレナ」他 計9篇となっています。


訳は呉茂一氏他複数人の方ですが、どの方の文章も格調高く、
どちらかというと古き良き時代を思わせる日本語で、
そしてまた、
全編の特徴でもあるコロス(合唱隊)の歌(合唱のための詩)の韻律も胸に響きます。



本には古代ギリシャ彫刻やレリーフなどの写真も、
適所に挿入されていることで一層、古代劇場の舞台へと読者を誘ってくれます。

なかなか充実した創りの本ではないかと・・・・・・・・・。





この全集の中で、私が特に好きだったのは
ソポクレス篇で、
この巻をどれだけ読み返したか・・・・・・・・・・、本に残された繰り手垢が
頁を繰った日々そして当時の心の歩みを物語ってくれているように思えます。

開くのが何十年ぶりとなる今見れば
残された汚れすらが、懐かしく感じられます。



本とはこういうものでしょうか。
本そのものが、まるで心のアルバムのようです。


本はやはり本で読みたいなと思います。
デジタルではなく・・・・・・・・・・・・・。
もちろんデジタルも活用している私ですので、デジタルを否定するものではありませんが、
本は本で、単に情報とはなり得ない別の素晴らしい良さが有るかと。


紙による本の文化は、場所を取る重いということなど有りますが、
やっぱり無くなって欲しくないなと私的には思います。





で、全集ですが、
文字は小さく、
分量は多く、
この本の全部を再読するには
かなりの気合い、スタミナと時間、そして目力も要りそうです。

スタミナのある若い内にこそ、
こうした若干こ難しさのある本とは読んでおくものかもしれませんね。

吸収力旺盛な青い心、そして身体は若さ真っ盛りのころ、
相当な本の虫でいわゆる読書家であったことは
目力もスタミナも衰えつつある今振り返れば、幸いだったのかな・・・・・・・・・と思えます。

膨大な読書で得た心の財は確かに身の内に・・・・・・・・・・・・・・・。 ←たぶん(笑) (^_-)-☆




と、全集本の解説はこの辺にして、


「王女メディア」
あらすじはウイキペディアの頁でどうぞ。
  (↑文字をクリックで移動します。)


エウリピデス原作「メディア」は
オペラや演劇でも度々上演されていて、
大まかな筋は原作のとおりであっても、途中の筋や最後の場面は
監督や演出によって幾分違うようです。


1969年にパゾリーニ監督により映像化された
映画「王女メディア」では、
メディア役のマリア・カラスさんの存在感が大きく、
劇中のイアソンが平凡に見えるほどでした。


後年、亡くなったマリア・カラスさんの晩年の様子は
この時演じた王女メディアの悲しみと、
どことなくリンクするように思えるのは、気のせいかしら?


映画DVD↓






下は
ドラクロワ作 『怒れるメディア』
リール市立美術館蔵(1836-38年)

1507dorakurowamedhia1.jpg

自分を裏切った夫イアソンの子を
怒りと嫉妬で今まさに手にかけようとしているメディアと
母の刃から逃れようのない子供たちの涙。
緊迫した情景がドラクロワらしい劇的な動きで描かれています。




~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~





古代ギリシャの文学は
そこに登場する神々とは何か?や、
神々と人間の関係など、何かと考察したくなる要素があります。

そうして突き詰めていったとして、
多分、昔の自分と今の自分では少し違う答えが導き出されることでしょう。


それについてはまたどこかで、気がむいたらの範囲で、書かせていただくことにしますね。






さて、そろそろ、気持ちを現代に切り替えますね。
古代ギリシャに気持ちを飛ばしている間に
多々用事が、ああ溜まってしまう・・・・・・・・・・・・のだ。(^-^;






 
 




長々お読みくださって有難うございます。

宜しかったら、
↓ Please click one. 


 ブログ村 心のやすらぎ
 ブログ村 スピリチュアル・精神世界





関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

新ブログのご案内

  身近な自然、道ばたの草花や、暮らしの中のあれこれに見られる、光とスピリチュアルな響き。  

HP

☆☆ アチューメント・セッションをメインに行わせていただいています。 心に響くものがありましたら、ご訪問下さい。

最近の記事

プロフィール

Aya

Author:Aya
 
元、染織工芸作家&美術講師。
子供から大人を対象に美術指導をしつつ、色彩の表現など含めてストイックに心と技の研鑽&染織作品発表という日々を過ごす。
傍ら、仏教学を学び、実践として禅を学び、工芸の仕事を動禅と捉え、仕事を通して禅瞑想を深めてゆく。

幾つかの大小の節目を経て染織作家活動からは引退し、呼ばれるようにしてスピリチュアル系の学習レッスンを重ね、98年より(暮らしに支障のない範囲で)レイキ他、自己変容のための各講座を企画。
06年2月、突然、天使層に出会い、強い導きを受け、その後は天使&高次系アチューメントセッションをメインに行う。
 
このブログでは、
スピ系&精神系に偏らないよう、心に触れた詩や音楽や美術展や日常の事など幅広く織り交ぜながら、お便り風に書かせていただきます。

気まぐれ更新になりますが、どうぞ宜しくお願いします。

検索サーチ

本やDVD他、家電やキッチン用品など、多岐の部門から検索できますので、ご活用ください。

PR Rakuten

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

右サイドメニュー

FC2カウンター