FC2ブログ
2015/06/29

花に寄せて


 
  
 
雨上がりの紫陽花
近隣にて。


1506ajisai.jpg
  
 

花には

水、土、空気、光、のエレメントが凝縮しています。

人ごみの無い場所では精霊たちも宿ります。

花の香り立つその懐で、精霊たちはダンスをし、歌も歌います。






時に、花に、ふっと、ささやかに感動します。



花は、
何も語らず、

多くの昆虫を養い、
(精霊達にも集いのスペースを提供し、)

人々の目を潤おし、心を楽しませ、
身体を癒し(アロマやパッチフラワーレメディや薬草など)

時には人生の在りようを、
黙したまま示し、

尽きれば、落ち、土壌を養います。





花は
”我は我たるもの” とさえ、
言いはしません。

(※ 我は我たるもの: 旧約聖書でモーゼが神に名を訪ねた際、神が答えたとされる言葉。
ヘブライ語日本語カタカナ表記で、
エヒエー アシュー エヒエー
イニシャーションなどの儀式内や、ヒーリングのトーニングでもよく使用される言葉。)





花は
語れないのではなく、語る必要がないのだろう。


花は
神の造形の一つ、(すべての存在が実はそうではあるけれど)
そして、常に、そのものと言えるのではないだろうか。


花は
神の現れの、ひとつのかたち・・・・・・・・・・・・・。


語る必要がないのは、
そのものだから・・・・・・・・・・・。






花のようで在りたい、が
この荒々しい人間社会で生きる身には、なかなかそうは出来ず・・・・とも

一日の中のほんの短いひと時でも、
花という神の造形と、心を合わせたい。





1506ajisai4-1.jpg



1506ajisai5-1.jpg












お読みくださって有難うございます。

宜しかったら、
↓ Please click one. 


 ブログ村 心のやすらぎ
 ブログ村 スピリチュアル・精神世界




関連記事
つぶやき