FC2ブログ
2015/05/17

怒りの炎の鎮火で手こずった件で   &  Mさん 虹影を有難うございます。

 
 


4月の撮影です。
ご近所で。
空のま~るい白い雲を背に、春のお花がたよやかでした。

15wakaba417.jpg
 


新緑の美しい季節になりましたね。



~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*



今日は少し報告のような記事になります。


4月に、
身内により、ごたごたのトラブルが発生して、当家&実家の母にも降りかかり、
久々ですが、身を震わす程の怒りの炎に見舞われ、たやすくは鎮火出来ない状態が続いてしまいました。
(この炎の爆発マックス頂点は、4月下旬で丁度連休の始まりの頃、家の工事明けの大掃除や、季節ものの整理などで大忙しの中、頭の中では、とんでもないマグナ爆発で火を噴いていたことになります。)



これほどの怒りの炎は何年ぶりだろうか?いやいやもっと長いスパンかも。
プチプン程度の怒りは生活の中では随所にあるものの、
この度は、その程度の類ではなかったのでした。



この身内は、昔からある意味トラブルメーカーで、周囲を悩まし続けていて、
私も何十年にわたり、かなり手を焼き、時には法的処置を考えるほどの事態も起きていました。


それでも、情で、
なんとなく、許し、(これが逆にいけないのかな~・・・・・・・。)

そうして距離を置くという形で、離れることが出来るのは、解決の無い状況や関係性には幸いで、
距離を置くことは、ある種エネルギーセキュリティーにもなり、
距離というセキュリティーを施した中で、傷んだ心を癒し、また失ったエネルギーを充電することも出来ました。



今回それがなかなか出来なかった訳です。
今も出来ているとは言いがたいですが、

自分の怒りの炎はどうやらほぼ鎮火して、
落ち着いてきたようです。


冷静になれてから、対策はこれからというところです。




こんな状態の中、この状態から離れた視点になれるようにと、自分でも
いろいろと心がけました。(すぐには出来ませんでしたが。)





事態とは関係なく、スピのお仲間からいただいた普段メールに心ホッと癒されもしました。

これって有りがたいですね。
渦中でない人との穏やかな会話やメールは、心救われます。

もち、内容にもよるでしょう、
この方のこの時はメールは、まるで、柔らかで温かみのある虹影がす~っと横切るかのようでした。

虹を放っていたのは、この方のハートのオーラでしょうか?
きっと、そうでしょうね。



Mさん、虹影をありがとうございました。(^o^)/


善き友有り、有りがたき哉ですね。(^^*



















関連記事
暮らしの中で ~あれこれ~ | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示