FC2ブログ
2014/11/22

椿大神社 その3  足元から立ち昇った舞いの波、ウレシミ、ウレシミ、嬉しみ・・・・・と。



 
 
世の中、騒がしくてなりませんね。
突然の衆院解散総選挙・・・・・・???
 ま、専門外なので、何も言いますまい。
 


さて、前〃記事から続きです。
その3がまだでしたね。

何かしら、レポートみたいな書き方になりましたね。
神社訪問レポートとでも言いましょうか。

同じ話題ですと、しかも10月のことを遡ってのこと・・・・・・、
少々書くにも、お疲れ気味になってきていますが、途中のままでは何ですものね。
ということで、さ、ここは頑張って書きあげてみますね。
レポートその3は、椿大神社・私的成果編といったところでしょうか。




~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~



バス待ち時間に、もう一度、マイナスイオンたっぷりの”気”をいただこうと
この場所に戻りました。


tubaki14113-4_20141112173028bd9.jpg


ご本殿前やお守りなどを売る場所を覗いたりして、ぶらーとし、

帰るために
写真にも写っている広々した石階段を降りようとした時です。



一瞬の出来事でした。
(たぶん時間にしても、1,2秒ぐらいから長くてもせいぜい1、2分ぐらいの間ではないだろうかと。)


足元から、
フワーと、
波のような湯気のような煙のような(つまり何なのか判らないのですが、)
エネルギーの渦?が立ち昇り、一瞬にして、私を包み、
瞬間的に視界からすべての景色が消えました。

波に包まれた私は
何か違う存在になったかの感で、
それは、舞の存在(精霊?)のようであり、(舞っているような動きを感じる・・・・)
内面から(耳ではなく)、
ウレシミ、ウレシミ・・・、ウレシミ、(たぶん漢字にすると)嬉しみ・・・・・・・・・、
と同じ言葉がこだまのように繰り返し湧き上がっていました。
そして本当に”嬉しさ”で心がいっぱいになったのでした。

何が嬉しいのか・・・・・・?
感じていたのは
”舞える喜び”ではなかったかと・・・・・・・・全くピュアな・・・・・・・・です。


瞬時のことです。


はっ???????と、我に返り、
慌てて、自分と周りを見渡すと
当然ですが、周囲にも自分にも何の異変もありません。

目の前に、七五三の晴れ着姿のお子さんを連れたご家族が階段を登って来ようとされています。
何も変った様子はありません。


が、なにかしら、
この一瞬の間、
異次元空間を瞬間的に通過したみたいな・・・・・・・・。


???と、
試しに後ろに戻ってみましたが、当然ですが、何も起きません。(笑)
ただ、胸の中に、
それが起きる前には無かったはずの、温かな”嬉しさ”が、
残照のように、確かに、残っていました。


何が起きたのか?

これは別宮に関係あるようだと直感しました。
別宮には扇塚というものまであって、舞いとは深い縁がありそうです。

が、考えるのは止めておきます。


この後の私は
胸に残った嬉しさの感覚が、
消えてしまわないよう、
抱くようにして
真っ直ぐに(バスと電車を乗り継ぎですが)家に帰ったのでした。



変化は翌日に気づきました。


心が、楽~になっているのでした。
ハートに、大きく息の出来るスペースが取り戻せています。


いつの間に重なっていたなと思います。
ストレスです。
そうして、どうにもならなくなっていた
苛立ちや苦しさが、心を痛める棘を生み出していた・・・・・・・・、

それらが真綿に包まれたように和らぎ
固かった棘も、消えていたのでした。




ハートって温かいんだ・・・・・・・(いつでもそう在りたいけれど、)
この時はまさに、久々に、そんな感じがしました。



もちろん、ストレスとなる要因そのものが解決したわけではありません。
し、もち、それらが解決した方が余程嬉しいには違いないのですが、


一時でも楽になり、息をつけることは、
例えばの言い方ですが、
もう一回仕切り直しをし、もう一度立ち上がり、歩き直して行こう・・・・・・・
(大げさな例えではありますが、)
そんな気持ちにもさせてくれて・・・・・・・・、

実際、疲れ果てた感のあったこの頃の私には、
ハートにスペースを取り戻すことが、

先ずもって、必要最善だったのだと思えます。





椿大神社への初訪問、
足元から立ち昇ったあれは何だったのか?何が起きたのか?
謎ではありますが、


結果的に、行って良かったです。



何かしらの謎の出来事と、
それをもたらした場と機縁のすべてに、

そして、そこに自分を行かせた自分の”直感”にも、

感謝!なのでした。 





以上
大した内容ではないのに、時間ばかり掛かりましたね。
長々お読みくださって、有難うございます。(^-^)

皆さまどうぞ良き休日を・・・・・・・・・・・・。

















関連記事
神社、森