FC2ブログ
2014/08/23

るろうに彷心?

 
 

7月に始まった上階の工事騒音から避難する毎日です。
今や流浪の民、
「るろうに剣心」? 否〃 騒音に追い立てられ彷徨う
まさに「るろうに彷心」のAyaなのでした。




避難先はいろいろですが、近場ではこのようなところとか。


ここでお茶(お抹茶)がいただけます。
古い和室がいくつかあるのですが、この日は表庭園に面した広い部屋は塞がっていて、
裏側の地味目の部屋になりましたが、かえって落ち着けました。

興正寺 奥の間(茶室)
140821-2.jpg

畳の上のお茶碗は私がいただいているお茶。

ここでは茶道の各流派の方が交代で、
純和装で、きちんとしたお手前とお作法で、
お茶をいただけます。(もち料金は要りますが。)

荒々しい騒音に追い立てられ逃げてきた者の目には、
日本茶道の各所作が清々しく写ります。



この部屋の窓の外はこんな風。
(お部屋により違います。)


140821-1.jpg


庭を眺めつつ
外の竹林が風に揺れる音や、鳥の声、虫の声を聞きながら、
じっとしていますと、頭に詰まっていた苛立ちなどが徐々に解き放たれてゆきます。
かなり詰まっていると見え、このじっとの時間だけで小1時間もかかったりします。

そのあと、瞑想したりして、
2、3時間かそれ以上、滞在させてもらいます。


その間、時間を見計らって冷茶や干菓子が出されますが、
基本的にはずっと一人で、それほどの長時間、お部屋に一人でいられるのは
喫茶では有り得ませんね。


そういう意味で
お気に入りの場所です。それは前から。


外にも茶室があるので、季節の良い時は外茶室で、空や竹林を眺めているのですが、
この暑さでは遠慮。
ということで冷房のある室内で、避難民しているのでした。(苦笑)






騒音にはいろいろありますが、
頭の上からら叩きつけられる騒音はある意味、兵器と思います。
神経を徐々に破壊し、気力、意欲をなくさせ、判断力や知力を消耗させてゆき、
明日を思う心も、失せさせてゆきます。
そして生きる気力も・・・・・・・。
そういう面で十分立派な兵器と言えるかと。
長期間になればなるほど、そしてまた相手が繊細な体質であるならなおのこと、
効果的に威力を発揮する、そういうたぐいの兵器です。



この騒音問題は実は14年にも及ぶ私の苦しみです。
このことはトラウマ化していますので、(PTSD化とも言えます。)
これ以上書こうとすると、頭が重くジンジンと痛くなりますので、止めておきますが、
出口の見えない14年に及ぶ年月は、いささか長すぎるな・・・・・・・・・・。






と、帰り道で見かけたお花 ↓ 

140823-3.jpg





















関連記事
暮らしの中で ~あれこれ~