FC2ブログ

Ayaの徒然お便り

身近な自然・草花のことを中心に、心に触れた詩や音楽や美術展、日常の出来事やスピリチュアルな話題など幅広く混ぜながら、徒然にお便りします。

Entries

この世での質量?  &  高村光太郎の詩「母を思う」

 


 
もう6月ですね。
早過ぎるような・・・・・・・・。


~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~



・・・・ 母が離れてゆき、
私の物質的質量が減る ・・・・
という夢を見ました。


母が、こちらの世界から遠ざかりつつあることは確かではあるものの、
それにより私の質量が減るとはどういうことなのか?
考えるということではないけれど、
ふと思いを巡らしました。



もともと人間は、母という女性の胎内から産まれています。
受精により母という女性の胎内細胞に変化が起き、
人型が新たに形作られ始め、
そこにスピリットが宿り、
胎内に居るころからアイデンティティも形成され始め、

月満ち
二つの個体になり、
環境や事情や教育などをとおして
さらにアイデンティティーが形成され、
やがて、まるでもともと一個の人間であったかのように、振る舞うようになる。


一心同体という言葉があるけれど
母子とは、
事情で離れたり、あるいは心に亀裂や摩擦が生じ、
一心同体とは言えない関係になったとしても、

元は一体同体なのだ。
これは凄い事実なのだ。

(最新医療の複雑な話ではなく、ごく普通のパターンの場合です。)




母が、本人の顕在意識上でも母である頃には、感じなかった喪失感が、
今すでに、私の胸の内にそれなりに有ることを認める。
元気なころの写真や動画が無性に見たくなる・・・・・・・・・・・・・。

喪失感とは理由など不要なのだと思う。



母がこの世を離れると、
この世での私の質量が減るというのも、案外わかるような気もする。
理屈ではなく・・・・・・・・・・・・・・・・・。



~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~




下記は、彫刻家であり詩人でもあった高村光太郎の詩です。

光太郎は実直な詩を数多く残しています。
「智恵子抄」は有名ですね。

この詩も知られているかも・・・・・・・・・・・・・。



「母を思う」


夜中に目を覚ましてかじりついた
あのむっとするふところの中のお乳
「お父さんとお母さんとどっちが好き」
夕暮れの背中の上でよくきかれたあの路地口


鑿で怪我をしたおれのうしろから
切り火を打って学校へ出してくれたあの朝


酔いしれて帰ってきたアトリエに
金釘流のあの手紙が待っていた巴里の一夜


立身出世しないおれをいつまでも信じきり
自分の一生の望みも捨てたあの凹んだ眼


やっとおれのうちの上り段をあがり
おれの太い腕に抱かれたがったあの小さなからだ


そうして今 死のうといふ時の
あの思いがけない権威ある変貌


母を思い出すとおれは愚にかえり
人生の底が抜けて
怖いものがなくなる どんな事があろうとも 
みんな
死んだ母が知っているやうな気がする





~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~



中学性の頃、
この詩を読んで、ふいに涙が流れ落ちたのを思い出します。
(中学の頃は何かと両親との縁を考える年頃だったような・・・・・・・・・・・。)



現在、我が母は
おそらく今世最後となるだろう?ラストレッスン中です。
光あれ、安らぎあれ・・・・・・・・・・・・・・・・。
















関連記事

ご案内

新ブログのご案内

  身近な自然、道ばたの草花や、暮らしの中のあれこれに見られる、光とスピリチュアルな響き。  

HP

☆☆ アチューメント・セッションをメインに行わせていただいています。 心に響くものがありましたら、ご訪問下さい。

最近の記事

プロフィール

Aya

Author:Aya
 
元、染織工芸作家&美術講師。
子供から大人を対象に美術指導をしつつ、色彩の表現など含めてストイックに心と技の研鑽&染織作品発表という日々を過ごす。
傍ら、仏教学を学び、実践として禅を学び、工芸の仕事を動禅と捉え、仕事を通して禅瞑想を深めてゆく。

幾つかの大小の節目を経て染織作家活動からは引退し、呼ばれるようにしてスピリチュアル系の学習レッスンを重ね、98年より(暮らしに支障のない範囲で)レイキ他、自己変容のための各講座を企画。
06年2月、突然、天使層に出会い、強い導きを受け、その後は天使&高次系アチューメントセッションをメインに行う。
 
このブログでは、
スピ系&精神系に偏らないよう、心に触れた詩や音楽や美術展や日常の事など幅広く織り交ぜながら、お便り風に書かせていただきます。

気まぐれ更新になりますが、どうぞ宜しくお願いします。

検索サーチ

本やDVD他、家電やキッチン用品など、多岐の部門から検索できますので、ご活用ください。

PR Rakuten

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

右サイドメニュー

FC2カウンター