FC2ブログ

Ayaの徒然お便り

身近な自然・草花のことを中心に、心に触れた詩や音楽や美術展、日常の出来事やスピリチュアルな話題など幅広く混ぜながら、徒然にお便りします。

Entries

近況 (母の日に寄せて)  &  洋画家、赤塚一三・新作展 --深みある色感と内省と--

 


散策中、池のほとりで。
5月のうららかな日差しの中で黄色のマーガレットが晴れやかでした。
140506iektomagaretto.jpg




昨日は母の日、
ということで、試しに電話をしてみる。 
と、出た! 母が自分で・・・・。
 
母は2月、かなり危ない病状から(一時?ながら)脱し退院したものの、認知症は進んでいます。
しばらくは寝たきりともなり、起きられるようになってからも電話には出られない状況が続いていましたので、
久々に母らしい懐かしい電話応対を聞けて、嬉しかったです。
 

しっかり話しが出来・・・・・・というのは半々ですが、
電話への出方を思い出してくれていることが、先ず先ずの上々回復かと。
 
 


昨夜、TVで認知症による徘徊事故や行方不明の番組が放送されていて、
当家でも直面していることであり、
他人事とは思えず、固まって見入ってしまいました。

 
医療は進み、しかし認知症も進むというのは
今後、(当家のみならず)この社会にとってどうなのでしょうね。
 
 

誰もが、自分がおむつをして徘徊するようには成りたくはないだろう・・・・・、
が、現状食い止められない患者数の増大・・・・・・。
 
考えさせられます。

 
 
一方、クリエイティブなお仕事をされている人々は
比較的、そうした傾向は少ない方ではないだろうか?
 
例えば、画家、彫刻家といった芸術系のお仕事の人々。
「六十、七十は鼻たれ小僧、 男ざかりは百から」と
名言を残した彫刻家:平櫛田中氏の例もあるように・・・・・。
 
 
100歳は越えなかったまでも、
ピカソさんもシャガールさんも長寿で、最後まで脳が衰える様子もなく
精力的にお仕事をされてますよね。
(ま、ほんの一握りの人と言えば、そうではありますが。)


 
 
 
さて、認知症の話題が先になっては失礼でしたが、
 (お許しあれ)
 
 
ご縁の有る絵描きさんが、久々に個展をなさいましたので、
あまり時間が取れなかったのですが、
少ない時間予定で急ぎ出かけてきました。


 
 
~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~
 
 
 
案内はがきより
140512-22.jpg
 

140512.jpg
木の間の星岩 100号

 
(上の絵の写真は実物より、そして案内のはがき写真より色目が薄いです。
手持ちのスキャナの解像度の、これが限界ですので、どうぞご了承ください。)

 
 
この絵を会場で拝見した時、
解釈が今一つ??と戸惑いましたが、
なかなか面白い発想に思えました。し、不思議な魅力を感じました。
 
中心に配置された大きな岩に
何をお感じになり、何を象徴されようとなさったのでしょうね。
考えつつも魅入りました。

作者ご本人に意味などお尋ねしますと、”舌足らずで・・・・・”と苦笑されておられましたが・・・・・・・。



この方の絵はどちらかというと全般的に、
舌足らずと言うか(それも言い得ているかも・・・)完全ではない未完の感が常にあるような・・・。

そうして未完と完成の狭間で
独特の浮遊感のある”ポエム”が、浮かび漂い消えつつ
風のそよぎのように奏でられているような。


完成とはなんだろうと?ふと思います。
よく絵の評論では、完成度の高さと言う言葉を耳にしますが、

この方の絵は
未完の雰囲気こそ、
色彩による詩が、風のようにそよぐ画上の完成なのかもしれません。
 (と個人解釈に過ぎませんが。)



下記は、案内状に記載された紹介文です。
しっかりした素晴らしい文章ですので、
一部ですが抜粋掲載させていただきますね。
 
 

----- さまざまな風景のモティーフが
豊かな表情を醸し出すこの精密な構成と筆致は、
あくまでも自然に対する敬虔な思いと生死の境を彷徨した青春時代の経験など
生命あるものに対する思い入れから成り立っている。
描きたいのが「永遠の現在(いま)」であるという赤塚さんの姿勢は
160年を経た民家を改造したアトリエで制作する静物にも一貫している。
 
イタリアの画家モランディに私淑し、敬愛するボローニャの私立美術館を3回も訪ねた内省の画家は
時間と空間表現に腐心する。
質朴な人柄から生まれる作品は、どれもアグレッシブな意欲の賜物であろう。------
 文:金原宏行





氏は、長いスランプを経験され、
フランスへの旅等をとおして現在は少し抜け出されたようでした。
色彩が明るくなられたかしら?


山や谷、スランプは大なり小なり誰にでもありますね、どんなお仕事、どんな生活面でも・・・・・。
人生ですものね。^^


 


~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~





さて、ゴールデンウイーク前後、ばたばたと忙しくしていましたが、
今週はセッションモードに切り替えて、瞑想を深めます。



それでは皆さま、どうか良き皐月デイを。

















関連記事

ご案内

新ブログのご案内

  身近な自然、道ばたの草花や、暮らしの中のあれこれに見られる、光とスピリチュアルな響き。  

HP

☆☆ アチューメント・セッションをメインに行わせていただいています。 心に響くものがありましたら、ご訪問下さい。

最近の記事

プロフィール

Aya

Author:Aya
 
元、染織工芸作家&美術講師。
子供から大人を対象に美術指導をしつつ、色彩の表現など含めてストイックに心と技の研鑽&染織作品発表という日々を過ごす。
傍ら、仏教学を学び、実践として禅を学び、工芸の仕事を動禅と捉え、仕事を通して禅瞑想を深めてゆく。

幾つかの大小の節目を経て染織作家活動からは引退し、呼ばれるようにしてスピリチュアル系の学習レッスンを重ね、98年より(暮らしに支障のない範囲で)レイキ他、自己変容のための各講座を企画。
06年2月、突然、天使層に出会い、強い導きを受け、その後は天使&高次系アチューメントセッションをメインに行う。
 
このブログでは、
スピ系&精神系に偏らないよう、心に触れた詩や音楽や美術展や日常の事など幅広く織り交ぜながら、お便り風に書かせていただきます。

気まぐれ更新になりますが、どうぞ宜しくお願いします。

検索サーチ

本やDVD他、家電やキッチン用品など、多岐の部門から検索できますので、ご活用ください。

PR Rakuten

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

右サイドメニュー

FC2カウンター