FC2ブログ
2013/12/13

感謝と願い  夢の示唆


 


内容はおぼろげにしか覚えていないのですが、
途中のニュアンスと最後の締めくくり方が、どことなく共通している、


続けてみました。3,4回かな?



昨夜PC作業をしている際、後ろから(目には見えないけれど)
温かな誰かに、ふっと抱きすくまれた感がし、その瞬間、
夢の意味がやっと判った気がしました。
そうして
温かに・・・・・胸がしゅんとしました。
温かに・・・・・胸に染みこみ、心深く了解出来た気がしました。



意味は

願いと感謝のバランス・・・ということ。

感謝の輪が成って(土壌が満ちて)こそ、願いが満ちる・・・・、
と、そんな感じのことでした。



感謝はいつも十分している、つもり。
けれど願いにスポットを当てると、その下が抜け落ちがちで、逆にそこに否定が発生する・・・・・
のみならず、否定を土台にした願いになりがちです。
それでは願いは満ちません。



と、どの人も、またどのケースも、そうだという訳ではないかもしれませんが、
私の場合、そういう傾向に、今、陥りがちに、なっているよ、と、
誰かが示してくれたらしい・・・・。



誰かな?私自身のハイアーセルフと言いたいけれど、あの感覚は、父かも・・・・・。




感謝の輪を繋ごう。
虹の輪にしよう。



今はちょっぴり反省で、ちょこっとシュンとしつつ・・・・・・
つぶやき、ひとり言でした。














関連記事
つぶやき