FC2ブログ
2013/11/16

オクタヒドロンの活性化  プレアデス・ライトボディー・アクティベーションWS  By リサ・ロイヤル その2

 
 
 
 
前記事からの続きです。



オクタヒドロン(正八面体)を使った瞑想は
23年ぐらい前から、なぜか知っていて、よく使って来ました。
オクタヒドロンを使うとバランスが取りやすいことを実感していましたため、
例えば、天と地を繋ぐ瞑想や、グランディングにも、この幾何体をよく活用しました。
今お仕事でさせていただいているセッションの前にも行うことがあります。


なぜ知っていたのかは、おそらくはスピリッツが携えてきた古代の記憶ではないかしら?と。
リサさんによるとこの瞑想はレムリア時代によく使われていたとのこと、
そのレムリア時代に生きた魂は
現在の地球のアセンションのステージに参加するために、大勢、生まれてきているそうですから、
私もその大勢さんの一人ではないか?と。



また2007年には、トム・ケニオンさんが、ハトホルからのメッセージで、
 (注釈:トム・ケニオンさんは「ハトホルの書」の著者様です。)

「バランスのホロン」としてオクタヒドロンの使い方をネット上で公開されましたので、
これも拝読し、なるほどと、活用させていただいてきました。



こんな風で、オクタヒドロンには慣れ親しんできたつもりでしたので、

このPLAセミナーに参加するしないは最後まで迷いました。
(早割の最終の頃まで(笑))
ですが、とっても惹かれるものを感じてならなかったのです。
最終的には、プレアデスではどういう風に使うのか、それも知りたくなって・・・という動機付けで、
とうとう申し込みました。





~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~




オクタヒドロン(正八面体)
(ウィキペギア様よりお借りしました。)

13Octahedron.gif





PLA(プレアデス・ライトボディー・アクティベーション)でのオクタヒドロンの使い方は、
予想したのとは少し違いました。
しかし、その少しが、大きく意表を突いていて
そしてこちらの方が断然効果的と思いました。

私は漠然とオクタヒドロンを使っていたのだなということも、よく判りました。




セミナーでは1日目にプレアデスのアチューメントが行われます。
そしてオクタヒドロンを使ったPLAのレッスン、そして
会場にはプレアデスの存在・サーシャさんが運ぶプレアデスのエネルギー?が満ちています。
この全部が重なったのでしょう。


第1日目に身体に異変が起き、困惑し、結局ヘルプが必要となり・・・・・・・、
咄嗟にヘルプして下さった方、有難うございました。 ^^ m(_ _)m
(詳しくは長くなるので、ここでは省かせていただきますね。)




PLA自体は一日目には、コントロール意識が手放せず、少し難しさを感じたのですが、
2日目の朝一番のレッスン前に、
サーシャさんの方から、(まるで心を図星で読まれているがごとくに、)

細かい動きに捉われない、
委ねる、起きるに任せる、
コントロールを手放す、といったことを

丁寧に説明され、
ここでやっと”委ねる”ということが、ハート深くで了解が出来た感じがしました。

そしてあとは、サーシャさんのPLA瞑想誘導に委ねました。





(PLAではいくつかのステップがあります。
どのステップの場面かは覚えていません。)



急に温かな風がすっと吹いた気がし、同時に、
目に見えないトンネルをアッという間に、でも軽やかに、ふっと吸いこまれた気がしました。
同時に、
自分がどんどん幼くなっていく感覚がして、
(これらは感じている暇もないほど瞬時の展開です。)

するとふと若筍のイメージがし、そのような匂いもした気がして、
若筍?と言葉が浮かんだ次の瞬間、


気づくと、
自分は赤ん坊でした。


赤ちゃんの私は、真っ白な、
何とも言えない信じがたいほどの心地良い真綿の産着???空気の層???に
懐かれるように包まれています。


この真綿のような空気層の、信じがたいほどの心地良さ・・・・・・・・・・、
 この地上界で知るどの言葉でも言い表せないような・・・・・・。


信じがたいような、
えも言われぬ心地良い何かに包まれ、ふわーっと浮かび、漂っていると、


遠くの方から、戻ってくるように指示の声が聞こえ、
会場に引き戻されました。
 (・・・残念、ずっとそのまま漂って居たかったような・・・・・・笑。)



ここでは浄化新生のようなことが起きたのかしら?
何が起きたのか、分析は止めておくとして、


セミナーは続き、次々有意義なレッスンが行なわれ、
一時の感じに浸っている暇はありませんでした。





充実した楽しい時間は瞬く間に過ぎ、
そうして、もう帰りの新幹線・・・・・。





家に帰ると、ここはどこ?的な感じに見舞われ、
元の現実に戻れない自分が居ました。




その上、
ハートが変・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




つづく。

















関連記事
セミナー体験