FC2ブログ
2013/09/20

中秋の名月とエメラルドグリーンの光





中秋の名月の
満月を写そうとしてみましたが、

その圧倒的なまでの美しさを
私のコンデジ&私の腕では、とうてい捉えられませんね。
こうして良いカメラが、もっと上を上をと、欲しくなるのかな~?

130919mangetutyuusyuu.jpg



太陽の反射光が燃えるように輝いています。

130919mangetutyuusyuu3.jpg



この日は朝から大忙しで夜にはクタクタとなり、
この写真を写した後は
もうダウン寝していますが、


中秋の名月というまたとない機会に、
月光浴で瞑想をされた方は多いのではないでしょうか?


知り合いの方から、
瞑想呼吸(無限呼吸)をしたところ、すごいアクティベーション!とメールをいただきました。
”エメラルドグリーン・レイ”だと。



この日ではないのですが、
私もエメラルドグリーンの光を感じる機会が増えていますよ。
とても身近に感じるようになっています。



なぜなのか?までは
判りかねますが、
エメラルドグリーンの光は、今どんどんこの地球界に降りていませんかしら?
もしやそれは、地球界にもともとあった光が、活性化され、始動(再始動?)を始めているという表現の方が
正しいのやもしれません。



それは、無条件で、無制限の
純粋な、癒しの光のようです。
しかもとてもアクティブな感じがします。



この癒しの光は
次元の少し違う位置にあって、
(同時に存在しているけれど、3次元の視野では見えないだけ)
何らの意図で、次元の壁を突き抜けて降り、または出現し、

私たち=ある意味ではどうしようもない程の極性を持ち、極性の中で混沌としているとも言える人類(エゴの重さという面では地球上最大重量級かも)を、


呼吸ひとつの瞬間で
包み込み、癒し、
(細胞レベルからの癒し)


破壊ではない調和と愛の時代

(時代が外側の現象として出来るのではなく、
時代を作る人類そのものが、調和と愛という存在になることが必要)への、

私たち自身(先ずは一人一人)のシフトを促し、サポートしようとしているのでは・・・・・?


思うことがあります。




何にしろ、それ(エメラルドグリーンの光)は
周囲の空気の層や、あるいは頭上から、突如出現します。

(※ 突如というのは、私の一感じ方に過ぎませんので、
もちキャッチの仕方や感じ取り方は、人それぞれでしょう。)




なぜエメラルドグリーンの光が
これほど活躍?するのか
根拠や理由など、私には説明しかねますが、

現実という映像の”水面下”で、
次第に進んでいるらしい
現代の地球規模のソフトと、大きく関わっていそうであることは
確かではないかと・・・・・。




まだ満月の余韻は残っています。
可能なら
月光浴をしながら、呼吸を整え、軽く瞑想しつつ
月を感じてみませんか?

”無限呼吸”をご存じでしたら、やってみましょう。



知り合いの方と同じように、エメラルドグリーンの光を感じるかもしれませんよ。

それとも、優しく淡い、ブルーの癒しの光でしょうか?

それとも、アルプスの固い氷雪も解かすほど眩く輝く、清浄な、真っ白な光でしょうか?




どんな光も意味が有ります。

中秋の名月と満月が重なった、この素敵な機会を
(日にちはすでにずれましたので、その余韻と言うべきか?)
思い思いの方法で、味わい楽しんでみませんか? 






☆~ 明日から3連休ですね。
皆さん良い連休をお過ごしくださいませね。





























関連記事
ハート *あれこれ*