2010/11/20

ザラザイエルさんのワーク & 草稿にあった古いひとりごと

 
 
 
爽やかな晴天ですね。
ご近所の木々も紅葉を見せてくれています。
今日は、あちらこちらのお宅で布団干しがされているのが見られ、
こうした日常の風景は、平和な休日という感じがして良いものですね。



先週の東京への旅は素晴らしい心の成果になりました。

前半は結局、美術館めぐりになり、その中で最も長く時間をかけて味わったのが上野の国立博物館。
後半はザラザイエルさんの2日間ワーク。

前半と後半では全く違う世界に居たようなものですが、
この両方にまたがるのが私なのだと、実感しました。


ザラザイエルさんは、エネルギー面でずば抜けて素晴らしく、
ワークは手厳しく、かつシンプルで、自分の中の警戒心や怖れなどが見事に浮上しました。
そして自分としては大満足のシフトも起きました。


ザラザイエルさんってどういう人?ということは
つまり、この本の著者様です。

ライトボディの目覚め 改訂新版ライトボディの目覚め 改訂新版
(2000/05)
アリエルタチーレン

商品詳細を見る



お名前の変遷についてはナチュラルスピリット社のHPに詳しく記載されていますので、
関心がおありになりましたら、ご参照ください。→ 日本の皆さんへ
書かれていますことをとってもシンプルに要約しますと、
大天使ラジエルが肉体にウォークインされた方ということになります。


ザラザイエルさんに教わりましたことは、現在整合中ですので、
また機会がありましたら書かせていただきますね。



ところでパソコンがどうにも変で、買い替えの時期にいよいよなっているようです。
現在、使っているのがXPで、新しいのはWIN7ということになるようですが、
詳しい人に相談すると、いろいろと手間はかかりそうですね。
なので、とりあえずは下調べとバックアップを入念に始めています。

そんなこともあって、パソコン内の私的なメールボックスを整理していましたら、
草稿として保存されていた文章に
このようなものがありまして、
たぶん日記のつもりで書いたと思われます。

私的なつぶやきですが、
ああこんなことを考えた日があったのだなということで、
削除する前に、恥ずかしながらこちらにコピーします。
日付は2009年夏の始めでした。



☆----------------------------------------------



2ヶ月ぶりにサウナに行き、汗を流す。

帰り道、ふと、こんなことを思う。


悩んだことが一度もない事柄がたくさんある・・・・・・・。

たとえば、私は戦争を知らない。
 戦火に逃げ惑ったことも、家族を戦争で亡くしたことも、
 政変により、土地から追われたこともない。

たとえば私は、一度も大災害に遭ったことがない。

たとえば私は、どんな困窮時でも、ただの一度も飢餓を経験をしたことはない。

たとえば私は、恐ろしい拉致の被害にあったことはない。

たとえば私は、生まれながらの難病でも、不治の病にかかったこともない。
 病気入院は何度かあるものの。

たとえば私は、介護のストレスで苦しんだこともない。
 今後は判らないとしても。


たとえば私は、・・・・・・・・・・・数えれば、きりがない。


苦しんだことのないことを、ひとつひとつ数えていたら、
涙がはらはら零れてしまった。

空(そら)が、空ではなく胸の中にあって、晴れてきた。


私が経験したことのない苦しみを経験している人は大勢おられることだろう。


苦しみを数えても、きっときりがないだろう・・・・・・
この世の今と言う時間は、そんなことを数えるためにあるのではない。
だけれど、苦しまなかったことを数えてみると、
自分が抱える苦しみが、全く違ったものにみえてくるのではないだろうか?



☆-----------------------------------------


と、昨年の或る夜に、メールボックスに残した一人ごとでした。





 ザラザイエルさんの講座では
高次の存在からの言葉の翻訳ワークがあったのですが、
怖れなど大浮上した上、
誘導テンポも速くて、追いつかず、スムースには出来ませんでしたが、

このレッスンの中では、クァンインのチャネリングが自分としては一番うまくいった気がしました。
私の中に降り、すっと立ち、柔らかに、たぶん手の印?の動作を(微細な動きで)してくれました。
降りた瞬間、姿勢がしゃんとして、身長が高くなったのを感じました。
受け取った言葉は、”安らけく、安らけく、(有るように)・・・・・・・。”
古語でした。
その場では、それだけしか読み取れませんでしたが、
自分としては満足できました。




この三次元世界での日常には、実にいろいろなことがありますね。
それでもいつも”安らぎ”の中に居られたら、良いですね~。


皆様もどうか”安らけく”お過ごしになられますように・・・・・・・・・。


過ぎ行く日々に感謝です。













関連記事
セミナー体験