2010/10/26

休養とRレイキの聖なる癒しの間

 
人ごみで拾ったのだろうか?何か重いものを。
それとも、マージョリーさんのセミナーによる一種の好転反応なのだろうか?
セミナーに行って、とても疲れて帰ってきました。

翌日、ど~んとして動けないので、ふと思い付いてライタリアンレイキを使っての自己癒しを試してみました。

ベッドに横になり、呼吸を整え、アセンデッドマスター・ブッダを招来する。
アセンデッドマスター・サナンダ、ガイア、GodHeadを招き、”聖なる癒しの間(スペース)”を創る。
呼吸法で瞑想していると、無限の記号(∞)がゆらゆら揺れながら顔の前で回っている。
顔の中だったかしら?
そのうちエメラルドグリーンの光に、間が満たされる。
疲れているので、癒しの色ね、などと思いながら、グリーンの光に身を任せていると、そのまま眠ってしまったらしい。
地球の中って温かいなーと思っていた気がするけれど、記憶がない。
途中で天使と会っていた気もするけれど、ぼんやりの感覚で、こちらも記憶がない。
(ガーディアンエンジェルらしい。)

やがて、電動歯ブラシのような細かい振動がベッドで起き始めて目が覚める。
(電動ベッドではありませんけどね。笑)
ジーン、ジーン、ブルブルブルとベッドが小刻みに振動している。
?と思うと振動は体に中に及んでいて、
あたかも体の内部をスキャナされているみたいに、振動層が上下に動いている。
体を頭上から足元まで、足元から頭上までという具合に。
その動きが2,3度繰り返されただろうか?
(スキャナが通るとき、目玉がビカビカビカとフラッシュ的に振動していた。)

そして振動が治まると、そこで本当にはっと目覚める。
そのときまで半眠りの変性意識状態だったらしい。

時間は、一時間も過ぎていた。

起き上がるとき、「さ、生きなくっちゃ!」と思う。

変な思い方ですよね。(笑)
さ、起きよう!ではなく、さ、生きよう!ですって・・・・・・。


”癒しの間”で、いつの間にかいっとき異次元の旅をしたのだろうか?
こちらに戻ってきたので、咄嗟に出た言葉が、さ、生きよう!だったのだろうか?この三次元を・・・・。


なんにしろ、咄嗟にごく自然に自分の心から放たれたらしいこの言葉が変な気がして、我ながら苦笑しながら、
でも、三次元に生き続けること、これ事体が、ものすごいテーマなのだと思いました。


大切に生きないとね、この三次元を・・・・・。
しっかりグランディングをして。
生きること事体が、貴重な体験の場なのだから。
(と、こう思うこと事体が、Rレイキを通してのたとえばマザー・ガイアからのメッセージだったのかも。)



こんな風で今日の一番の大仕事は、結局、”休養&充電”なのでした。 




☆追記

昨夜は、就寝前にまた、久々の自己レイキヒーリングをしてからRレイキの”聖なる間”で休みました。
今朝は晴れ晴れ目覚めました。


お天気もグッドで、さ、荷解きをして、生活に戻りますね。
セミナーでのノート整理も、感じを忘れない内にしなくっちゃね。(^^*





















関連記事
ハート *あれこれ*