2010/06/28

サーカー&マイチェア騒動  他、時事関連追記

 
 
先週、日本列島はサッカーによって、寝不足列島になったようですね。(笑)


まさかの3得点、
ま、まさかの予選リーグ突破!
 うっ、し、失礼・・・・・・・・f^_^;
驚きつつ・・・、でもやったねイ(笑)
嬉しい大健闘でしたね。


対デンマーク戦の際、私はあいにく就寝していましたが、
あの夜中に日本の各所ではサポーターの人々が集まって、夜を徹して応援なさっていたのですね。
そして一睡もしないまま、お仕事に出勤される様子がニュースで報道されていましたね。
サッカーにそれほど興味のない私としては、このことにも正直、超びっくりでした。
す、すご、情熱的!というか・・・・・・(汗)。


トルシエ前々代表監督は、
岡田監督が、
代表戦が低迷続きで、パッシングも受け続け追い詰められた結果
古いシステムを脱ぎ捨て、新しいシステムへ転換を行った・・・・、
その”勇気”を称賛しておられましたね。
(もち、選手達の技術的進歩や、一丸となって体力の限りを尽くした善戦が予選突破の最も大きなポイントだったでしょうが。)


サッカーに詳しくはない私ですが、学ぶものがありますね。
新しいことにチェレンジするのはいつでもなかなか勇気が要るというものですものね。

ギリギリまで追い詰まられる・・・・、その苦しみを経て、苦しみをバネにして
ニューワールドに気持ちを切り替えることができる、
そういうことは、サッカーではなくとも、私達の人生上の選択の場合にも、よくあることですよね。


人の配置を変えるといったひとつのことも、代表監督の立場ではとても大きな勇気の要る決断だったのでしょうね。
そして、そのことを称賛をこめて言えるのは、トルシエ氏が実際に前々監督で、
(パッシングに堪えなければならなかった)岡田監督の気持ちがよく判る、ということもあるのでしょうね。



で、さて、次はどうなるのでしょうね。
29日、私も、にわかサポーターになって応援してみようかしら?です。(笑)






~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~




ところで、今、私は
30年も愛用した書斎チェア(現在パソコンデスク用になっている)を買い変えようとしています。
ずいぶん前から不具合だらけで、自分で修理したり、クッションで座面の痛さをカバーしたり、あれこれしながら、使っていたのですが、
とうとう、もう限界と思い、買い変え準備に、
メーカーのショールームや家具店を回って試座してきました。


(というか、やっと買い替えの許可を自分に出すことが出来たという言い方が正解かもしれません。
なにしろ、思い出のある椅子でして、ずっと使いたかった気持ちもありましたし。)



で、新チェアはほぼ決めましたけどね。

試座して判ったこと・・・・・・、
椅子は単に椅子ではないということ、
現在のワーク用チェア(大体パソコン作業用)は人間工学的にも医学的にも考慮され、
座り心地が(30年前のものとは)まるで違うということ・・・・・・など。

新しく家に来てくれる予定なのは、メーカーはオカムラの、
私の専用椅子としてはかなり上質なものになるだろうと・・・・・・・、
で、次のステップとして価格の安値をネットで調べているところなのでした。
(ワクワクしかし真剣に ^^。)




マイチェアはいつの間にか30年も使っていた訳で、
自分の一部になりきってくれていて、30年の間には何度も引越しをしていますが、
いつでも当たり前のように付き添ってくれていたのでした。

今ではキャスターも座面もボロボロの体で、手作りのカバーやクッションをしていますので、
外からはボロ様子があまり見えないのですが、
中ではさぞや(椅子さんが)悲鳴を上げていたことでしょう。


思い出があることでの愛着が、いつの間にか執着になっていた例なのかもしれませんね。
それとも、そこに有る事が当たり前で、当たり前すぎて透明化してしまって、
気持ちが向かなかった例とも言えるかも・・・・。


いづれにせよ、もうすぐお役目から”開放”して上げられます。


スピリチュアな世界では、開放(解き放ち)はとても重視されます。
心だけではなく、物もその中に含まれます。
こまめに家中を整理掃除して、開放に励んでいても、
全く気づかなかった盲点が、なんと!お尻の下にあったことになりますかしらね。(笑)



なんにしろ、チェアが変わると、(大き目のチェアが来る予定ですので、
といって、社長椅子のようなタイプではなく、パソコンワーク対応ですけどね。
部屋の印象もかなり変わることでしょう。


新しい風が吹き込むかもしれませんね。



ということで、
解き放ちの、意外な盲点に気付いた、マイチェア騒動なのでした。



皆様はどんな椅子におかけになって、今このブログをお読みくださっていますか?
椅子にも心あり・・・・・・かもしれませんよ。


暮らしを支えてくれている道具達にも、時には感謝ですね。





~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~




このところ、連日のように雨ですね。


特に九州方面では集中豪雨のようでしたが、
宮崎の方々、大丈夫でしたか?

雨で、ウイルスも、洗い清められることをお祈りします。



参議院選の前ですので、口蹄疫病のことを、おさらいしておきましょう。

こちらは宮崎県内ニュース → 6/13付け

この記事への、せと弘幸氏のブログ → 民主党口蹄疫事件の隠蔽工作

一般のかたのブログ → 政府・マスコミは情報操作を行い事実の隠蔽工作をしているのか?




口蹄疫病は
民主党を与党にした日本人が、次にわが身にふりかかる可能性のある危機への回避に向けて
目を覚まし行動してゆくためのきっかけになることを、祈るばかりです。
動物たちと畜産農家の方々の大きすぎた犠牲を無為にすることなく・・・・・。


その現われとなるだろう参議員選は、日本の起死回生の道のりか、はたまた・・・・・・

方向を決めるのは、お一人お一人の貴重な選択です。
いづれにしても、日本という独立国家の存亡すら危惧される今、政治・時事には無関心では居られませんね。
なぜなら、生活、暮らし、人権までが与党とその背後組織によって、脅かされているのですから。
一人でも多くの方に、直面している危機に気付いていただきたいと願ってやみません。

日の丸を背負って闘っているのはサッカー選手だけではありません。
私達一人一人の目覚めた意志が、日本の未来を変えると言えませんか?
水資源を宿す富士山麓を中国領土に・・・・・・そういう意図すら後ろ手に隠し持つ人たちから、美しい日本の尾根を守るのは、私達ではないでしょうか?



ご参考までに、

時事を普段目線に書いていらしゃる一般の方のブログ → 孔雀式 (民主党の正体)
 

こちらは有名ブログですね → 博士の独り言(ブログ) (民主「日本人一掃計画」考)


 このところ、毎度のように参照させていただいています。→ 銀の紐さま 6/27記事
「弥彦山を訪ねて」の記事での、管理人さまとのやりとりの内容は、身近な出来事に直接触れられていて興味深いです。





~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~






とは言え、先ずは今この時の一瞬一瞬をこそ、精一杯慈しんで行きましょうね。
すべて大丈夫!と信じつつ・・・・・・・。

















関連記事
政治、時事、社会