FC2ブログ



 
 
 

蝉の声が小さくなりました。
夏最後のサイクルを、少なくなった蝉たちが、最後の美声?を、高らかに鳴らしています。


夜にはコオロギが泣き始めていますね。
その跳ねる姿をもうすぐ見ることでしょう。





下の写真は
前回(ペンギンさん)同様、新PCに入っていたサンプル写真です。
新PCはなかなかの高画質で、写真がきれいに見えます。
(と、もち高画質撮影のフォトが・・・・・・ですが。(笑))


名称がないので、わかりませんが
これはグランドキャニオンかしら?


20110826.jpg


砂のアート・・・・・、
神秘ですね~。

目の当りにしてみたいものですが・・・・・・・。




いつか、テレポートで行けるようになるかしら?ウフ (^_-)






~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~




 マシュー君のメッセージ48、

 こちら


 アークエンジェル、マイケル(ミカエル)からの7月&8月メッセージ

7月はこちら (アセンションのプロセス)
8月はこちら (あなた方は勇気ある魂です。)


両方(マシュー君からのも、AAマイケルからのも)、素晴らしい内容です。

お好きな方を、ぜひお読みください。




どちらのメッセージも、

アセンションから乗り遅れることは誰一人なく、
すべての人々が”それぞれのペース”で、いづれ必ず救われる(光の仲間入りする)ことが伝えられています。



それぞれのペースでというところは、ご自分でお考えくださいね。
ふわふわした気持では、このアセンションに乗ってゆかれないかもですよ。


A・A・マイケルは、かなり積極的に気づきや変容に向けてのアプローチしているように、
私的には思えます。
厳しさもあります。
でも非常に高い視点からの愛に基づく厳しさですね。






~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~






ここからは個人的ひとり言のようなものです。


昨年辺りのいつ頃からか?確か今年の震災前頃まで、


よく謎の声が聞こえて困ったものなのでした。
困った声とは、

~ Aさん、剣を取りなさい!剣を取り、立ちなさい! ~というもので、

時には
 ~ 立て、立て、剣を取りて立ち上がれ! ~ と

まるで何かの召集ラッパが耳元で吹き鳴らされているように聞こえたこともありました。

記憶では、夢の中で、この声と格闘していたこともあったような・・・・・・・。



剣というのが、どうやら聖ミカエル(大天使ミカエル)の剣の意味らしいということを、
直観では感じていたものの、

ではどうやって、その剣を取れば良いのか、取ってどうするのか?など、
具体的にはさっぱり判りませんでした。

(注:聖ミカエルは、象徴として、聖剣を携えているとされている。)




これについて今でも判ったとは言えませんが、




震災以降、自分の中で変化していると思えることがあります。

視点が、個人から全体になりがちで、
自分の欲がなくなっている・・・というか、
無私の境地という訳では、もちろんありませんが、(そんな訳には・・・・到底まだまだね。笑)

少なくとも祈りでは、どうしても全体のことに視点がゆくようになっている気がします。
その全体の中の一つのキーポジション的に”日本”の動きを見ている節もあります。

この視点は震災のショックから生まれた気もします。




また、
まだどなたにも明かしていないことですが、
4っつの部屋の瞑想というのが、ふいにダウンロードされたのは、
震災後の初の満月の夜でした。
その時、”集合意識へアプローチをするように”というメッセージと共に、その方法が降りています。
そして、その瞑想法はすでに何度も行わせていただいています。

それは地球界全土に光を拡げてゆく一種のイメージ瞑想ですが、
(4っつの部屋にはそれぞれ違った存在たちの愛が充満しています。)

この瞑想が実際役に立っているのか、いないのか、は正直判りません。


が、集合意識へのアプローチ、という言葉に関しては
今の私のテーマとしての側面もあるような気がしています。





これらは個人的なささやかな内的な動きや変化に過ぎませんが、
この内的なささやかな動きが、

声に言われ続けたことの、行動としての現れのひとつになるのだろうか?

思い出してみれば、
しばしば聞こえて困ったあの声が、震災以降、聞こえなくなっているのです。





あるいは、

震災のもっと前の2月13日に、
ロナ・ハーマンさんの来日ワークセミナーに、申し込んでいます。
(ロナ・ハーマンさんは、皆様もおそらくご存じのように、著書等をとおしてA・A・マイケルからメッセージを私たちに伝えて下さっている方です。)

このセミナーへの申し込み、このことは図らずも、
A・A・マイケルが呼びかける”スターシード”への合流を意味するのだろうか?
つまり、マイケルの召集ラッパに、自動的に応じたことになるのだろうか?






と何かと結論づけるのは早いかもしれないので、
声の真相はまだ謎としておきますが、


はたしてあの声は何だったのでしょうね?

聞こえてこなくなって、というか、聞こえなくなっていることにふと気づいて、
は?そういえば・・・・・・・・と、思い出すこの頃なのでした。








~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~







ところで、ずっとスケジュールが混んでいて
なかなか夏休みが取れませんでした。

今、遅い夏休みを取らせていただいています。
で、昨日早速、父のお墓参りをしてきました。


久々に会う身内たち、抱えている悩み事や話したいことが、皆それぞれ山のようにあるようで・・・・・、


送り迎えしてくれた身内が、まるでこの機を逃すまじの勢いで、
横で鉄砲玉のようにしゃべり続けるので、
ずいぶん賑やかなお墓参りになりました。(笑)


父もさぞ、賑やかな団欒を思い出してくれたことでしょう、と思っているのですが、
はて? とりあえず賑やかに拝なのでした。(^-^;  

































テーマ : 日記    ジャンル : 心と身体
 2011_08_28



07  « 2011_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新ブログのご案内

  身近な自然、道ばたの草花や、暮らしの中のあれこれに見られる、光とスピリチュアルな響き。  

HP

☆☆ アチューメント・セッションをメインに行わせていただいています。 心に響くものがありましたら、ご訪問下さい。

プロフィール

Aya

Author:Aya
 
元、染織工芸作家&美術講師。
子供から大人を対象に美術指導をしつつ、色彩の表現など含めてストイックに心と技の研鑽&染織作品発表という日々を過ごす。
傍ら、仏教学を学び、実践として禅を学び、工芸の仕事を動禅と捉え、仕事を通して禅瞑想を深めてゆく。

幾つかの大小の節目を経て染織作家活動からは引退し、呼ばれるようにしてスピリチュアル系の学習レッスンを重ね、98年より(暮らしに支障のない範囲で)レイキ他、自己変容のための各講座を企画。
06年2月、突然、天使層に出会い、強い導きを受け、その後は天使&高次系アチューメントセッションをメインに行う。
 
このブログでは、
スピ系&精神系に偏らないよう、心に触れた詩や音楽や美術展や日常の事など幅広く織り交ぜながら、お便り風に書かせていただきます。

気まぐれ更新になりますが、どうぞ宜しくお願いします。

検索サーチ

本やDVD他、家電やキッチン用品など、多岐の部門から検索できますので、ご活用ください。

PR Rakuten

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

FC2カウンター




pagetop