FC2ブログ
2010/10/27

遅咲きの朝顔 & 子守籠の思い出

 
 
急な寒気に戸惑いつつ咲く、朝顔?
(ご近所にて、本日の撮影 )


10gatunoasagao2.jpg


10gatunoasagao1.jpg

青紫、ラベンダー色、白へと変化する色合いの、神秘なまでの美しさ・・・・・。


写真はご近所の生垣を彩っているお花さんですが、
先週中頃になってお花が開いています。
ずいぶん遅咲きですが、(私には朝顔に見えるのですが、)品種が違うのかしら?ね。

まだ蕾が幾つもあって、スポットステージへの出番を待っているようですが、
この急激な寒気・・・・・・・・、
つい写真に残したくなりました。

先週までは日中はまだ夏の日差しもありました。
朝顔さんも、そのつもりで日中の暑さの日差しを待っているのでしょうか?
今日はどんよりした曇り、加えて寒気。
朝顔さんは堪えられるかしら・・・・。




☆--------------------------------------------



今朝は離れて暮らす母が倒れたと連絡があり、一瞬慌てましたが、
高齢者特有の急な寒暖の差による危ない兆候のようで、
どうやらすぐに回復していますが、これからの冬は少し心配です。


母のことを案じながら私用で外出しましたところ、
路上で、今は珍しい子守籠に小さなお子さんを3人も乗せて、お子さん達と楽しそうに話しながら、
籠を押して歩くお若いママをお見かけして、思わず見入ってしまい、
タイムスリップしたような気持ちになりました。
(籠は下に4輪が付いているもので、昔は子育て中のご家庭の必需品だったものです。
使いこなされた古いお籠で、もしかしたら、お婆様ぐらいの代から受け継がれたものかもしれません。)


まるで籠を押すのは母で、乗っているのは幼児の自分の気がして、
お若いママさんと、若い頃の母の姿が完全にダブってしまったのでした。

ぐるぐると目の前に浮かび上がる若い頃の母の姿、籠を押すしぐさや笑顔、
 妹を籠に乗せて出かけて、私の小学入学用・ランドセルを買ってきてくれた時のことやら・・・・・。


あまりにも懐かしくって、
その方は、知らない方ではありますが、声をおかけしたところ、
笑顔で答えてくださって、
はい皆さんに懐かしいと声をかけていただくのですよ、とおっしゃっておられました。
有難う、籠を押す甲斐がありますともおっしゃって、
いいえこちらこそ、懐かしさを有難うございました、と
お互い有難うを言い合って、お別れしたのですが、
籠の中から、バイバイと手を振る3人の小さなお子さん・・・・・・、
短い時間のことでしたが、ふとホットな気持ちになりました。

そして何という奇縁でしょうか・・・・・と。
母の暮らし方を考えつつ歩いていたら、丸ごと若き日の母を思い出させる光景に
出くわしたようなものでしたから・・・。




☆--------------------------------------------




人生は長いようで短いですね。あっという間です。
はかない夢と昔の人はよく言ったものですが、
本当にはかない一瞬の夢のようなひと時と思えてなりません。
(昨今は特に・・・・。)


花の周期のように、咲いて散る、咲いて散る、咲いて散る・・・・
 ただそれだけと言えば、ただそれだけに違いありません。

たとえそれがどんな人生でも、耐え難く苦しく長く感じる場合でも、
遠い遠い、遠い遠い視点から見れば、一瞬の夢に違いありません。



花のように、無心でありたいものです。
花のように、無垢に散りたいものです。



何も残さず、跡形もなく消える・・・、これが私の、
籠の中で母にあやされる幼いころから胸に抱いた
本当の夢だったような・・・・。



消滅こそ生命なり・・・・、
いつからそう思うようになったのか記憶はありません。
でもいつの頃からか(たぶん子どもの頃から)、そう思いつつ、
今もこの現世をたくさんのゴミのような課題を抱えつつ、消滅には遠く、生き延びている私。

いつか花のように、無垢に、無心に、
 なれるだろうか、
  散れるだろうか・・・・・。




下はセピア色の写真
母と私(私の初お花見)
撮影は(亡き)父

hahatowatasi2.jpg


私の着ている着物は初孫のために祖母が縫い揃えてくれたものだそうで、
母が着ているスーツは祖父の着物を母が手縫いでスーツに仕立て直したものだそうで、
貧しかった時代の親から子への情愛の系譜が記録されています。
カメラは父の職場の上司の方からお借りしたもので、
借用品を慎重に扱う父の手元を、不審そうに眺める赤ちゃん私。^^

(この頃、始まったばかりの人生。
生後6ヶ月の間の記憶はありません。が、7ヶ月ごろからは微かに記憶があり、
すでに大人たちの眉間に”苦しみ”の要素を感じ取っていたことを記憶しています。
人生は苦しみだと、大人たちは、赤ちゃんへの有り余るほど笑顔と愛情表現の後ろで
眉間にて語り続けていたのでした。それは当時の大人たち(戦争を超えてきた人々)の
正直な心の声だったのではないでしょうか。
赤ちゃんはちゃんと心を見ていたことになりませんでしょうか?
当時の大人たちは皆、戦争による傷を抱え、心に深く刻まれた傷跡はまだ癒えていませんでした。
そして生きることに精いっぱいのようでした。
こうして私は、人生は苦しみと学んでしまったのでした。
この刷り込みを解き放つには、何十年もかかりました。)


皆様は赤ちゃんに、あるいは周囲に、眉間で何を語っていますか?
 私は、何を語っているだろうか?




とはいえ、この夢の人生に、やはり感謝しています。
生まれ来た自分に有難う。
生まれさせてくれた天地に有難う。

慈しんでくれて有難う。
至らないことばかりで、ごめんなさい。
愛していますよ。
  母へ。




と、結局、ホオポノポノになりましたね。(笑)




いささか感傷交じりの今日のブログでした。



急な寒気です。
皆様、体調をお崩しになりませぬようになさってくださいね。

私も冬支度、急いでします。今夜は初暖房です。


















暮らしの中で ~あれこれ~
2010/10/26

休養とRレイキの聖なる癒しの間

 
人ごみで拾ったのだろうか?何か重いものを。
それとも、マージョリーさんのセミナーによる一種の好転反応なのだろうか?
セミナーに行って、とても疲れて帰ってきました。

翌日、ど~んとして動けないので、ふと思い付いてライタリアンレイキを使っての自己癒しを試してみました。

ベッドに横になり、呼吸を整え、アセンデッドマスター・ブッダを招来する。
アセンデッドマスター・サナンダ、ガイア、GodHeadを招き、”聖なる癒しの間(スペース)”を創る。
呼吸法で瞑想していると、無限の記号(∞)がゆらゆら揺れながら顔の前で回っている。
顔の中だったかしら?
そのうちエメラルドグリーンの光に、間が満たされる。
疲れているので、癒しの色ね、などと思いながら、グリーンの光に身を任せていると、そのまま眠ってしまったらしい。
地球の中って温かいなーと思っていた気がするけれど、記憶がない。
途中で天使と会っていた気もするけれど、ぼんやりの感覚で、こちらも記憶がない。
(ガーディアンエンジェルらしい。)

やがて、電動歯ブラシのような細かい振動がベッドで起き始めて目が覚める。
(電動ベッドではありませんけどね。笑)
ジーン、ジーン、ブルブルブルとベッドが小刻みに振動している。
?と思うと振動は体に中に及んでいて、
あたかも体の内部をスキャナされているみたいに、振動層が上下に動いている。
体を頭上から足元まで、足元から頭上までという具合に。
その動きが2,3度繰り返されただろうか?
(スキャナが通るとき、目玉がビカビカビカとフラッシュ的に振動していた。)

そして振動が治まると、そこで本当にはっと目覚める。
そのときまで半眠りの変性意識状態だったらしい。

時間は、一時間も過ぎていた。

起き上がるとき、「さ、生きなくっちゃ!」と思う。

変な思い方ですよね。(笑)
さ、起きよう!ではなく、さ、生きよう!ですって・・・・・・。


”癒しの間”で、いつの間にかいっとき異次元の旅をしたのだろうか?
こちらに戻ってきたので、咄嗟に出た言葉が、さ、生きよう!だったのだろうか?この三次元を・・・・。


なんにしろ、咄嗟にごく自然に自分の心から放たれたらしいこの言葉が変な気がして、我ながら苦笑しながら、
でも、三次元に生き続けること、これ事体が、ものすごいテーマなのだと思いました。


大切に生きないとね、この三次元を・・・・・。
しっかりグランディングをして。
生きること事体が、貴重な体験の場なのだから。
(と、こう思うこと事体が、Rレイキを通してのたとえばマザー・ガイアからのメッセージだったのかも。)



こんな風で今日の一番の大仕事は、結局、”休養&充電”なのでした。 




☆追記

昨夜は、就寝前にまた、久々の自己レイキヒーリングをしてからRレイキの”聖なる間”で休みました。
今朝は晴れ晴れ目覚めました。


お天気もグッドで、さ、荷解きをして、生活に戻りますね。
セミナーでのノート整理も、感じを忘れない内にしなくっちゃね。(^^*





















ハート *あれこれ*
2010/10/05

あいちトリエンナーレ、面白いです。 国際美術展より

 


susukisora1.jpg

”薄と空”
何でもない景色ですが、秋のおしるしです。
毎年見る何気ない景色を、毎年変わらず見ることに、
無事、生きている証を感じたりするのは、私だけでしょうか。

空の模様も夏から秋へと変化していますね。
もち地上の草花や木々の様子も・・・・・。^^


☆---------------------------------------


ところで
HP運営などパソコンが不可欠な生活をしていると、
そのパソコンの調子が悪くなると、体長を崩したぐらいに、リズムがダウンしますね。

9月からPCの調子が変で、
繰り返し、サポートの出番になっているのですが、
どうも原因がはっきりとは判らないらしくって、冷や汗してます。

メモリ不足もあるらしいですが、何かの相性ということもあるらしく、
懸命なサポートにも関わらず、今一、本調子には戻らないみたいで・・・・・。クシュン

買い替え時期かしらね?もう7年使ってますしね。目下、思案中です。


と、余談が先になりました。



~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~


あいちトリエンナーレ
国際美術展、とても面白いです。

あいちトリエンナーレって何?

→ 都市とアートが響き合う、3年に一度の国際芸術祭。
現代美術と舞台公演、世界の最先端が集結します。
「都市の祝祭 Arts and Cities」をテーマに、国内外130組以上のアーティスト・団体が参加し、現代美術、ダンスや演劇等のパフォーミング・アーツやオペラなどの世界最先端の現代アートをご紹介します。

公式サイトより抜粋(http://aichitriennale.jp/about/)

詳しくは→ 公式サイトをご参照下さいませ。



演劇や映像などいろいろな企画が、広い範囲の場所で行われています。
全部はとても行けそうにないので、
美術館で行われているものだけでも、見てみようと出かけて来ました。


正直、オモロー!! 目茶、楽しいー!!
 この感じ・・・・、子供心の大復活というか、うまく説明できません。(爆)
ま、とにかく、子供心にもどって、各ブースで遊び、楽しみ、
そして、想像力が思いっきり、かき立てられました。(笑)


その中で非常に印象深かった作品のひとつに
宮永愛子さんの「結」というのがあります。

作品紹介の栞をいただいてきましたので、ご紹介させていただきます。
(栞そのものも作品の一部のようです。それ自体が素敵に詩的な工夫がされています。
その雰囲気までは書き写せないのが残念です。)
 ↓

 ----------------------------------

 
使用素材: 堀川から採取した塩、糸、ナフタリン、水溶紙、ボート、桶、ポスト

 (↑これらの素材からどんなイメージを思い浮かべますか?)


作品説明:

 インスタレーション「結」は、名古屋市街を流れる堀川から着想しました。
堀川は400年前、名古屋城築城と同時に造られた輸送路としての運河です。
木曾の山奥から檜が、木曽川を下り、海ー川を上りお城にやってきた道、
森に生まれた木々が送った景色はどんなものだったでしょう。
堀川の川底に流れる塩を採取して4kmにも及ぶ塩糸を育て、木立に澄まします。
ナフタリンで象られた靴は一瞬だけ固有の時を留め、
再結晶を結び始めるでしょう。私たちの足元。景色を往来して流れているのは、
川だけではありません。沢山のかすかな往来からはじまる景色は、
見たことのない「うなさか」まで続いている。


結: (詩です)

 ~結~ 

 森と海を結う川は
 海のかけらで森に澄まし
 昔、お城に潤いを贈った

 空と土を結う風は
 鳥瓜の花咲を子守唄に
 今も夜を包んでいる

 誕生より流れる足元
 人波にゆらり往来す
 幾つ漂流を重ねたら
 それは「うなさか」に結うだろう


   * うなさか 海の境
 
----------------------------------

この「結」の作者、宮永愛子さんはHPをお持ちでいらしゃいます。
HPに掲載されている作品お写真からも、「結」という作品のイメージが伝わるかもしれません。
→ 宮永愛子さんのHP

栞のイメージから、そしてお作品から、
作者(アーティスト)の方が、ご年齢を多く重ねた方ではなく、
比較的、お若い世代の方だということは伝わりました。
なぜお若いと感じたのだろう・・・・?
とても集中力の要るお作品であったことや、その繊細さの内側にある”何か”から、
そう感じたようですが、家に帰ってから、HPを拝見して予想通りの雰囲気の方でした。(笑)

研鑽された確かな技術、そして感性と着眼点、すべてにおいて、
新鮮な魅力があって印象深く、女性らしさや若さも醸し出されていて、
クオリティーも高い、スペースアートと感じました。




国際美術展では、映像詩や立体造形、現代絵画、まるで謎解きのようなスペースアートなど、
いろいろな作品が見られます。
音、光、スペース(空間)、形、色、テクノロジー、
演劇、音楽、人形芝居 etc・・・・と、
複合的に(ジャンルを超えた)コラボレーションがされています。

前の記事で書かせていただいた「スペクトラナゴヤ」も、
このトリエンナーレの中のひとつの作品です。
成層圏に達する光・・・・・・、スケールが大きいですね。
(空に悠然と浮かんでいた雲や星々はきっとびっくりしたことでしょうね。^^)



楽しみながら良い刺激を受けました。
なんて、私は視野が狭くなっているのだろう・・・・・・などなど。

トリエンナーレは、
発想の転換が、次々迫られるような現代アート&現代芸術の集結した
楽しく興味深い、新発想の総合芸術イベントです。


今月までですから、
まだご覧になっていらっしゃらない方は是非どうぞ。
ご家族連れで楽しんでいらっしゃる方々も大勢いらっしゃいましたよ。
カップルの方も何組も・・・・・。 (笑)


~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~



と、今日は
今現在、愛知で繰り広げられている規模の大きな現代芸術イベントのご紹介でした。




話が変わりますが、先日、誕生日でした。

おめでとうのメールを下さった方、有難うございます。(*^_^*) (^o^)/

ある意味、誕生日は、節目ですね。

これから次はどのような一年になるかしらね?


 
 














絵や美術展&アートティックショップ | Comments(0)
 | HOME |