2012/02/18

モネの庭 & ライタリアン、ピュリフィケーション・リングスのことなど

 
 
 
 
写真が呆けていますが、 
「アイリスの咲くモネの庭」の絵です。

moneirsenoniwa.jpg


春~初夏ぐらいの季節だろうか?
庭一面にアイリスが咲き乱れ、
樹木の枝にはきっと小鳥が巣作りしているだろう、そのさえずりが聞こえてくるような、
そして、池の水面には日差しがきらきらと輝いているのでしょう・・・・・、
ざっくりした筆致、しっとりした色合いで、一瞬の庭の鼓動を捉えた
モネ作の名画の一枚です。
(スキャナを通しますとぼやけて見えますが、もっと色が深く鮮やかです。)



この絵カードは
昨年、アバンダンティア・セッションをお受け下さった青森のM様が
一月にお送り下さいましたものです。
(私の名(菖蒲)にちなんでお選びくださったのですね。そのお気持ちが嬉しかったです。)

とても心にフィットして気に入り、現在リビングのポストカード立てに飾らせていただいています。
一緒に聖母マリア絵カードも同封くださいまして、その絵は、カードケースに入れて、今現在このPCの横で、
私のPC作業を見守っていただいているのですよ。


メールではすでにお礼申しあげていますが、
改めまして、M様、有難うございます。(^o^)/

この絵のおかげで、我が屋のリビングには初夏の風が吹いています。
と、そ~んな訳はないとしても、(笑)
この絵を目にするたびに、モネの庭に咲き乱れるアイリスの群生が目に浮かぶようで、
何とはなしに、癒される気がしています。^^ 








~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~







話題が変わりますが、

10月がら受け始めたライタリアン・ピュリフィケーション・リングスの
全レベルを昨夜やっと受け終わりました。
途中、私の都合がいろいろと変わって、最終レベルの受けが当初の予定よりだいぶ遅れたのでした。



ピュリフィケーションリングスについては、以前にも触れていますので、
宜しかったら前の記事もご参照ください。

→ レベル1を受ける前に (10月の記事)
→ レベル2を受けた後で (11月の記事)



昨夜はレベル6(最終レベル)だったのですが、
セッション中より今日になってからの方が、感じるものがしんしんと有ります。



感覚的たわごとです。↓

羽根が・・・・・・光の、超柔らかな・・・・・・・何とも心地よい羽根が・・・・・
羽根のような光というべきかしら・・・・・
そういう何かが、
背中あたりや、頭の周囲に、ふわふわ、ふわふわ浮いて見えるのですよ。
 羽根ではなく、ベイビー天使なのかも・・・・・。

ふわふわ浮いて、
体が何とも心地よく包まれているような、さすられているような、どちらでもあるような・・・・・・気がするのです。

理由はないけれど・・・・・・幸せ。

 幸せ感って、理由も条件も本来必要ないのですよね。







ピュリフィケーションリングスはライタリアン研究所提供のメニューの中で、
最も新しいものです。

感じ方は人それぞれとは思いますが、私の個人感では、
その繊細さ、心地良さ、形容しがたい程のソフト感という点では、群を抜いている気がしました。
そして、これらの特質が、ピュリフィケーションリングスを介して繋がるセラフィム界の、周波数の高さ&波動の細かさの現れと実感しました。


 (ライタリアン研究所って何?についてはこちらをご参照ください。
   → ライタリアン研究所公式HP  英文になります。)







と話しを戻しまして、
まだ受け後の余韻を味わっているところで、未消化と言えますが、
レベル6まである長いプロセスの全過程を無事に受けられたことを、
今は先ず感謝です。





もう少し自分なりの消化が出来ましてから、
メニューにアップしますね。
 (注:エンジェルリンク(TM)を修了されていることが前提条件になりますことを、ご了承ください。)


まだ日本語訳の公式テキストが完成されていないようですので
その完成を待つかもしれませんが、
ベストのタイミングできっと必要な準備が整うことでしょう。
信頼してタイミングが整うのを待つつもりです。





もし、メニューアップを待たれている方が見えましたら、もうしばらくお待ちくださいね。





天使界の最高次元とされるセラフィム界への
ピュリフィケーション・リングスという方法を通してのコネクション、
 言葉さえ溶けて消えるほど、何とも素敵な心地良さです。































ヒーリング受け体験
2012/02/17

リサ・ロイヤルさんのTV講座 2012年の重要性



(株)ヴォイス様の企画の 
リサ・ロイヤルさんのTVセミナー「2012年の重要性」を
視聴しました。
楽しい充実した時間でした。


リサ・ロイヤルさんにつきましては
こちらの記事でも触れていますので、説明は省かせていただきます。
http://irises39.blog116.fc2.com/blog-entry-301.html

ブログ記事に書かせていただいた前回のTVワークと少し違うのは、
チャネリングの方法で、前回はコンシャスチャネリングでしたが、今回はトランスチャネリングということで、
チェネリングされる存在は、宇宙集合意識ジャーマインとプレアデスの女性意識サーシャさんの両方が関わるそうでした。

(リサ・ロイヤルさんってどんな人?ってことは、(株)ヴォイス様のHPでもご紹介されています。
→ http://www.voice-inc.co.jp/store/workshop_profile.php?genre1_code=05&genre2_code=019)




お話の内容は、のっけから充実して盛りだくさんでスピードも速く
メモは少ししか取れませんでした。

メモは無いけれどハートで聞き入りましたよ。
それで良いのですけどね。




宇宙の構図 (大銀河の形や太陽系惑星の位置関係)について
リサさんがホワイトボードにさらさらと書かれた絵は、

私も過去に実際に意識が拡大して、肉体や地球・太陽系や大銀河さえ超えてしまった際に
幾度か目にした構図とほぼ同じでしたので、
とてもすっきり納得が出来ましたし、

それは、なんか・・・・・・・、
誰にも信じてもらえないでいることを、いとも簡単に判ってくれている人が、実はこんなに身近に居てくれたような・・・・・・、
そんな思いにも駆られて、胸が熱く、嬉しくなりました。


リサさんのコンタクトワークセミナーには参加したことが無かったのですが、
マジで行ってみたくなりました。(笑)






講座は2012年についての本題のチャネリングセッション、
次にQ&Aタイム
最後に誘導瞑想と続き、2時間ですが、あっという間の充実タイムでした。



誘導瞑想は意識を拡大させて、肉体を超え、太陽系を超え、大銀河と一体になり、自分の心臓の鼓動と宇宙の心臓の鼓動が一つであることを直に感じる感覚体験に導くものでしたが、
この拡大プロセスは、私が拡大体験をし始めた最初の頃のプロセスと同じで、

(私の場合、誘導瞑想はなく、意図もなく、ふいに自動的に、そういうことが起きてしまったいうパターンだったため、誘導瞑想で同じプロセスを経験したのは初めてだったのです。
よく知った道を、始めて人に案内されたみたいで、ああこの道・・・懐かしやみたいな、そしてこの道で良かったんだみたいな、安堵感も感じました。)






短くですが、講座の中のQ&Aのメモより一部のみ

* 2012年の意味

感情の開放が必要
感情を味わい、感じ、ジャッジしないで感情の流れに任せ、手放す。
感情を感じ始めると、古い感情が出てくる。
どんどん出てきたとしても、必ず終わりはある。
充分な量の人が解放されると、地球がプレッシャーから解放される。
逆もまた有り。

地球の磁場の不安定さは、人々の心の不安定さがマクロ宇宙に反映している。
自分の内がわを観る。
 見たくないものはないか、など観てゆく。
内側を観て、自分とは関わりがないように感じる場合、
集合意識の影響を受けている場合がある。
それでも受け入れ、ジャッジしないで観て解放する。





と、そのほか盛りだくさんで、
ことに放射能の中和のワークについては、興味深い内容でした。
ここでメモの出来た範囲だけでもシャアしたいところですが、重要な内容に思えますので、
私の途切れ途切れのメモよりも、
きっとヴォイス様のHPで、ライブの終了したTV講座として、いづれ提供されるのではないかしら?
そちらをご覧になることをお勧めしますね。

現在は、昨年の11月22日の放送が提供されています。
興味をお感じでしたら、視聴なさってみたらいかがかしら?
お話の内容は今回の講座と一部共通性があります。
→ リサ・ロイヤル 「地球のかわりゆくエネルギー」
(クリックなさったとき、すでに配信中止されていたら、ごめんなさいね。)








~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*








すっかりリサさんのファンになったらしいAyaでした。
どこかのタイミングで、ワークセミナー会場に参加・出没するかもしれません。
そんなわけで、もし私を見かけたなら、どうぞ宜しく仲良くしてやってくださいね。(^^*





































セミナー体験
 | HOME |