FC2ブログ
2011/02/18

「Joy」を奏でる水晶クラスター達  (コメお返事追記+再追記)

 
 
寒が明けたとは言え、
急に雪模様になったりで、まだまだ寒い日が続いていますね。
分厚いコートを脱ぎたいけれど、もうしばらくの我慢でしょうか?

それでもご近所では、あちらこちらのお宅のお庭で
梅の蕾が紅白で、ほっこりほころんでいます。




☆∴∴∴∴∴∴★∴∴∴∴∴∴☆∴∴∴∴∴∴∴★∴∴∴∴∴∴☆




石が、

呼んでいる気がして・・・・・、

どうしても、
呼んでいる気がして・・・・・、

でも何がどこから呼んでいるのか、判りませんでした。
それであちこちの石屋さんをネットで見たりして右往左往した末に、
結局、一月にセラスタイトを譲っていただいた方のセレクションから
無難なところで、こぶり水晶クラスターをいくつか追加で譲っていただくことにしました。


そうして、お心遣いのギフトのお品とお気持ちがいっぱい詰められて、
石が送られてきました。


ひとつの石を開封した途端に、
呼ばれている・・・と感じていた理由が判った気がしました。
頭に何かしらの”信号”があっという間に飛び込んできました。


こういうのは思い過ごしと言われればそれまでのことですが、
なんというシンクロ・・・・。


信号(メッセージ)の内容はここでは控えさせていただきますが、
アークエンジェル、マイケル(ミカエル)との共振を感じました。


シンクロと思いましたのは、
A.Aマイケルをチェネリングしていらっしゃるロナ・ハーマンさんの
秋のワークにすでに申し込んでいて、
前回の記事で、著書をまとめてご紹介したばかりでしたので、

こうした流れに、あまりにもフィットしすぎの気がしたのでした。



信号?が、ビーンと頭に飛び込んだ石



suisyoukurasuta3-4.jpg

 (写真は石を譲っていただいた方がお心遣いで下さったものを、
  そのまま使わせていただいています。)



一見、何でもない水晶クラスターに見えますが、
石という生命は不思議です。
時にとても神秘的な媒介となってくれます。
水晶は特に、生まれ持ってのチャネラーと言えるのかも・・・・・・。


(何にしろ、この信号?をキャッチ?したところで、
石に呼ばれるという感じは、どうやら治まったようです。






今年、年が明けてからというもの石づいていて、
セラスタイトクラスターを初めとして、
幾つかの水晶クラスターが、一気に我が家に来てくれました。
 (皆、クラスター)
どれも、ある信頼する方の個人セレクションです。

ひとつひとつがそれぞれ個性があって素敵ですが、
手垢が少ない(母岩から離れてからの経路が短いらしい)のも感じます。
鮮度が高いというか・・・・。
もぎたての果物のような、イキイキしたフレッシュ感のある石達なのでした。


クラスターにぎっしり詰まってすくすく伸びているポイントを
しげしげ眺めますと、
まるでピュアな喜び(Joy)のハーモニーを奏でているかに見えます。

”生まれ生きることが喜びである”
全く素直に疑いもなく、彼らはそう軽やかに純に歌っているように
思えてなりません。



特にこれ。
幼稚園で歌う?「すずめの学校」という歌を思い出しました。
すし詰めの子ども達、ワーワー楽しく騒いで遊んでいます。
周囲に大人の先生達もいます。(笑)



suisyoukurasuta3-5.jpg


写真では判りにくいでしょうが、細かいポイントがぎっしりで、
それぞれが、とっても楽しそうで、

溢れんばかりの喜びの歌声がまさに聞こえてくるようです。




忙しい暮らしのなかで、時に忘れがちになる、
ピュアなJoyの感覚。
この石たちは、それを自らの姿で、思い出させてくれているのでしょうか?


今年、年が明けてから、続々と我が家に来てくれた一連のクラスターたちは、
今の私に思い出して欲しいテーマは、「Joy」だと、告げてくれているかのようです。






☆∴∴∴∴∴∴★∴∴∴∴∴∴☆∴∴∴∴∴∴∴★∴∴∴∴∴∴☆






ところで今夜は満月ですね。
強風の吹く今日ですので、きっと夜空は澄んで綺麗なことでしょう。
満月の日は、あちこちでいろいろな瞑想が行われますね。
私も瞑想しますが、
満月の夜の瞑想は、(満月の夜のアチューメントセッションも)
とても奥深い展開が起きます。



月の女神あるいはディーバに、感謝して、
今宵、お月様に、私も会いに行きますね。






☆------------------
追記



K様 コメント有難うございます。(^o^)/

素敵な物語を、石が自ずと語ってくれますよね。
石も同じ地球の仲間ですものね。^^


石さんたちとの良き出会いのきっかけを有難うございました。(^^*





登様
拍手コメントにお返事を書かせていただきましたが、
こちらにも追記しますね。
コメント有難うございます。

>幾千年の時代を超えてきた石たち・・・・・。

きっと私達も、体の衣を変えつつ、長い時を旅してきているのでしょうね。
時の遠い向こうでは、石たちはもっと近い兄弟だったりして・・・・・。
だから惹かれたり通じ合うこともあったりするのかも。

登様のお言葉が(きっと何気なかったのでしょうが^^)、素敵にロマンが響きました。*^_^*
有難うございます。(^o^)/














石 *あれこれ*
2011/02/13

ロナ・ハーマンさん著書 「光の翼」「聖なる探求」「黄金の約束」など

 
 
今日は、ロナ・ハーマンさんの本をご紹介します。

もともと私がこの本に出会ったのは、
ある年のお正月(2、3年前だった?。)

”本屋に行きなさい”と、目には見えない何者かに言われ、
お正月なので、のんびりして、ほって置いたら、
今度は、頭をこづかれ、再び、”本屋に行きなさい!!!”

やむなく、
どの本屋のことなのか?(本屋さんは近くにも2、3軒は有りますし。)
意識のアンテナを伸ばして探したところ、
市内最大手の本屋らしい。

しかたなく、休み明けに出かけたところ、
やけに光っている本を発見!!!
光りながら、ずらりと、並んでいる。


光がすごい。
が、分量も多そうなので、引いてしまって、買わず、 ̄▽ ̄;

代わりにターシャ・デューダーさんの絵本一冊と
メルキゼデクさんの本を一冊買って、
ついでに、セッションでお渡しする認定証用の用紙を追加購入して、帰る。


ところが、家に帰ってみると、
どうしたことか????用紙のサイズが違うのです。{{{{(+_+)}}}}


慌てて、お電話すると、
スタッフの方が、
確かにお申し出のサイズをご用意したのですが、
お客様(私)が、これではないとおっしゃって別のサイズをお出ししたのですよ。
と、不思議なる発言。
というかそういう不思議なサイズ変え発言をそもそも私がしたらしいのでした。
はぁ~???????

スタッフの方、
きっと何か勘違いされたのですね。(笑)
実は、私どもも変だな~とちょっと思ったのですよ。
包装のままお持ち下さい。
もともとお申し出になられたサイズの方に交換させていただきますよ。

ということで、大慌てで、翌日再び出かけることに。


それで思ったでした。
あの光っている本、あれをどうでも買えってことね、わかった、わかった、
もう抵抗しません、は~い、はい・・・・・・・ -.-;。


で、やってきたのが下。
一度には持ち帰れないので、まずは一冊。
あとはネットで買いました。

(但し読み始めたのは、
そのとき買ったメルキゼデクさんの本があまりにも面白く、
夢中で一気読みとなり、その後の順番になりましたけどね。(笑)
ターシャさんの絵本も素晴らしく・・・・・・趣味としてはこちらがベストマッチ。(^-^))




光の翼―私はアーキエンジェル・マイケルです光の翼―私はアーキエンジェル・マイケルです
(2002/07)
ロナ・ハーマン

商品詳細を見る




聖なる探求〈上巻〉―「私はアーキエンジェル・マイケルです」聖なる探求〈上巻〉―「私はアーキエンジェル・マイケルです」
(2004/05)
ロナ ハーマン

商品詳細を見る



聖なる探求〈下巻〉―「私はアーキエンジェル・マイケルです」聖なる探求〈下巻〉―「私はアーキエンジェル・マイケルです」
(2004/05)
ロナ ハーマン

商品詳細を見る





まだまだ続きますよ。
なぜこれらの本をご紹介したくなったのか?は、後で書きますね。

これらの本は、
行間から透明な光が漏れ溢れているのが感じられます。
光に呑まれ、まぶしくって読み進められないほど・・・・・・。

まだ全部は読めていません。
他の本に寄り道もしますしね。(苦笑)
なんだかんだと忙しくしていて時間が足りない・・・・・ってことも有り。
 ↑ 言い訳、言い訳。f^_^; とは言え、長い・・・・汗。(笑)




いまだ手付かずの本 ↓


黄金の約束〈上巻〉「私はアーキエンジェル・マイケルです」黄金の約束〈上巻〉「私はアーキエンジェル・マイケルです」
(2003/02)
ロナ ハーマン

商品詳細を見る



黄金の約束〈下巻〉「私はアーキエンジェル・マイケルです」 (光の翼)黄金の約束〈下巻〉「私はアーキエンジェル・マイケルです」 (光の翼)
(2003/06)
ロナ ハーマン

商品詳細を見る





上の一連の本の、ワークの部分を要約しつつ、
新しい情報も加えて編集されているのが、下の本です。


運命の脚本を書く―アーキエンジェル・マイケルからの贈り物運命の脚本を書く―アーキエンジェル・マイケルからの贈り物
(2007/08)
ロナ ハーマン

商品詳細を見る


ワーク実践版という感じかしら?





☆∴∴∴∴∴∴★∴∴∴∴∴∴☆∴∴∴∴∴∴∴★∴∴∴∴∴∴☆




で、なぜこれらの本のご紹介になったのか?



ロナ・ハーマンさんの来日ワークが秋に行われます。
それにもう申し込んでしまいましたの。

この行動も、目に見えない何者かに
突き動かされたような感じでした。


それで、どうやら、数々のワークの”予習”も、ちょっとは、したほうが良いらしいのです。
そのテキストとなる基本が上の一連の本なら、
わ、読まなくっては・・・・・・・・・汗。

全部読む必要はないでしょうが、
でもせっかくの機会なので、スムースに実践が出来るようにしたほうが良いかな?と。



企画は、翻訳をされている大内博さんです。
許しのワークも入りそうですね。
ということで、こちらも、日々実践しておきたいものです。


生命の贈り物生命の贈り物
(2001/07)
ハワード・ウィルズ

商品詳細を見る


この本は素晴らしい祈りの本です。
祈りの文を全部読むのに20分ぐらいはかかります。
なので私は(こっそり言いますと)、この間、足踏み運動や腰回し体操などしております。(笑)



というこで、秋のワークが今から楽しみです。
気合むんむんですが、何せ先の長い話です。
さて、途中で何が起きるかしら?
無事に参加できることを祈るばかりです。


もしこのブログを読まれた方で、会場でご一緒しましたら、
どうぞ宜しく、仲良くしてやってくださいませね。(*^_^*)



そんな訳で今年は、
アークエンジェル、マイケルとのお付き合いが、
それなりのボリュームで、加速化しそうです。





と、今日はずらりと本のご紹介になりました。

それでは皆様、
どうか良い休日をお過ごしくださいませね。(^^* 





☆---------
追記



宮崎にお住まいの或る方からいただいたメールで、
昨年から宮崎周辺に目に見えた災害が多いと嘆息されていました。

そうですね~。
変化の波がいろいろな形で表出しているようですね。
今は火山ですね~。

渦の傍ですと、直接の被害ではないとしても、何かとご心配なことでしょう。
何も言えませんが、一日も早く平穏が戻られますことを、
お祈り申し上げるばかりです。


















本を通して | Comments(0)
2011/02/08

グリーンの光の滋養  聖マリア&聖キリスト瞑想

 
 
  
 
昨日の午前のことです。
外出がてら、ふと思いついて、
最寄りの教会という場をお借りして、ミニ瞑想をしてきました。

その日の朝の教会は、人の気配もなく、とても静かでした。


大降りの蘭の花が、
ステンドガラス越しに差し込む柔らかな午前の日差しを受けながら、静かに息づいていました。

ときおり、シスターがお祈りに見えます。

その足音も、お祈りのささやきも、静寂の中で、”すべて”に融合してゆくかのようでした。



聖マリア&聖キリストを感じる祈りを捧げつつ、瞑想を始めました。
呼吸を続けていますと、
青や紫の光でサードアイがまぶしく反応しています。

頭上でパッと白光色の何かが強く光ったかと思うと、瞬時に優しいグリーン色に変わり、
体の外側を包み、同時に全身に満ちてゆくのを感じました。


後はただ呼吸をしていました。

なんとも平安な心地よさでした。
それしか言いようがないほど、ただ心地良かったのでした。


~グリーンの光は、
聖マリアを象徴するお色があるとするなら青、
聖イエス・キリストを象徴するお色があるとするなら白また金色、
(お色を特定するのは好きではないのでこういう言い方をしますね。)
この両方をパレットで混ぜるとグリーンですね。^^
と、自己解釈。(笑)~



その日の今、必要なのは、”滋養”ということのようでした。

滋養は、エネルギーの滋養です。
その場にふと思いついて出かけたのは、その滋養を求める潜在意識があったようです。


バランス、それはそれ自体が大きな滋養です。
バランス(ハーモニー)の内側に、命がもともと携えている滋養の蜜箱の蓋が隠されています。
エネルギー面でバランスが取れていないと、その蓋は開きにくくなります。

バランスがとれていないと、何の滋養も上手く消化できませんよね。
体調も崩しがちになりますし。



このバランスが崩れかけ、滋養が欠けがちになっている・・・・・、
優しいグリーンの光は、そういうことを私に示しつつ、
エネルギーの調和&必要な滋養をもたらしてくれたようでした。




長い時間ではありませんでしたが、滞在総計40分程度だったかしら?
でも良い時間を過ごさせていただきました。



気のせいか、終日心も体もほかほかしていました。
あるいは昨日は実際急に春めいて、暖かだったせいもあるのかもしれませんが・・・・。




時には日常の空間を抜け出して、違う場で(その場が神聖さを維持された場であるなら)
瞑想してみるのも良いですね。



(注:私はキリスト教信者ではありません。*^_^*
  一般人として礼拝し、そのまましばし座らせていただいた次第です。)





☆∴∴∴∴∴∴★∴∴∴∴∴∴☆∴∴∴∴∴∴∴★∴∴∴∴∴∴☆





話題が変わりますが、
拍手コメントくださいました皆様、有難うございます。
いただくコメントのひとつひとつが嬉しいです。

コメントにお返事コメは書かせていただいていますので、またお読みくださいね。






ところで、このような景色はもうすぐですね。↓


春の訪れに期待を込めて。ill_ume02.gif


















ハート *あれこれ*
2011/02/06

遠隔 etc

 
 
 
umeaka2011.jpg

  ~ フォト 幸せを運ぶ花の写真素材集様より ~

梅 千歳菊という品種なのだそうです。
見事な華やかさですね。

こちらはまだですが、
もうすぐ、各地で梅の花の満開の姿を見られることでしょう。
楽しみです。



立春が過ぎ、
皆様いかがお過ごしですか?

「立春」は、春が立つと書きますね。
 なんとも詩的な響きに思えます。

日本語には、このように詩のある単語が、たくさんありますね~。
とても覚えきれませんけどネ。




☆∴∴∴∴∴∴★∴∴∴∴∴∴☆∴∴∴∴∴∴




下は昨夜の撮影
パソコンの横のサイドテーブルに置かれたお花

110203_2300~01


2花が見ている先にパソコン画面があります。(笑)
夜のことなので、分厚いカーテンをバックにしています。



このところ、とても忙しくしていました。
中でもパソコン管理面の作業が一番手間取りました。
 しこしこ、ひたすら細かい・・・・・・・というか。(ーー;


で、メールのセキュリティーやバックアップ体制などの全面見直しをはかりました。
ネット上での調べごともたくさんで、ネットも器械も通ではない私には、モーモー大変・・・(汗)。


それでもどうやら終わったところで、
今度はパソコンが故障!!!

それが直りましたら、次にパソコン内のセキュリティソフトが故障!!!
立て続けでした。

どちらもサポートの電話指示と、”遠隔”操作で、復元してくれて、
ほっ、やれやれ・・・・・・・。^-^;


でこの修復過程でプチ驚きましたのは、
パソコン、セキュリティーソフト、どちらのサポート様も、
”遠隔”でパソコン内で起きている現象を調べているのですよね。

サポートの人から、何度、”遠隔”という言葉を聞いたことでしょう。
今遠隔で見ています、今遠隔で動かしてます、などなど・・・・・。


私も遠隔のお仕事をさせていただいている訳ですが、
いまや、何でも遠隔の時代になりつつあるのかしら?


パソコンの故障は、ま老体パソコンなので有り得るとして、
ソフトの方はパソコンの故障と連動したらしいのですが、

こういう故障より、当たり前のように目の前で成された実器機の遠隔操作や、
遠隔という言葉が当たり前に使われていることに、なにやら、
プチカルチャーショックを覚えたのでした。


光の世界では遠隔は普通ですね。
光の世界に何の隔てもありません。次元の壁もありません。

が、電波や信号を使った技術も、ふと考えれば(考えなくっても(爆))、もともと遠隔の発想ですよね。
電波はいわば波動ですし。(笑)


器械を遠隔で動かす・・・・このようなことが、いとも簡単な当たり前の技術らしい現在となれば、
人も車も宇宙船もテレポートする、SF未来図だって、
 そう遠くはないのかも・・・・・・・・ウム。




☆∴∴∴∴∴∴★∴∴∴∴∴∴☆∴∴∴∴∴∴



と、妙な空想はこの辺にして、




ところで・・・・・、

瑠さま、登さま、
初めて?のラジオ出演おめでとうございます。
こちらはなにやら忙しくしていて、聞けなくって残念です。

きっと楽しかったことでしょうね。
ワクワク感だけ、ブログからおすそ分けでいただきましたよ~。


ワクワク感のおすそ分け、ありがとうございま~す!!!(^o^)/ 



   
 
 


 


 
 







暮らしの中で ~あれこれ~ | Comments(0)
 | HOME |