2013/02/01

満月のルナライト瞑想会で  いただいた感想より    感想を追記しました。

 
 
 

先日の満月ルナライト瞑想会の記事が続いていますが、
今回の記事で区切りますので、
もう少しだけお付き合いくださいませね。


感想を下さいました方の中から、
ご本人様のご了解をいただき、一部シャアさせていただきます。



★------------------------------

 Y・S様より


この機会をどう活用するか考えました。
思いついたのは縁のあった土地に石を埋めることでした。
 もとは家内の案で四国巡礼がヒントです。
産まれた場所から今までに住んだ土地の住所を書きだして、
自分なりにルナライトが充満した(つもりの)石を埋めてゆく
ビジュアライズすることにしました。

家内は途中参戦になりましたが、
僕は10時前から瞑想を始めました。
菖蒲さんの感想を読んでびっくりしましたが、
確かに二人のガイド?が連れて行ってくれたと感じたのですが、
どうなんでしょう。
他にビジョンとかはないですが、
ものすごく眠くて困りました。

眠気を踏ん張って石を埋めることを始めました。
或る場所で記憶がぐるぐる蘇って感情が込み上げてワーっとなり、
泣くのをこらえるのが精一杯でしたが、
(結局泣きました。)
そのうち眠って、タイマーで起こされました。
最後は温かい気持ちで心地よく眠れたと思います。

土地の癒しをと勇んでいましたが、
自分の感情やトラウマの浄化や解放が先なんだと気づかされました。

家内が参戦したころには僕がもう泣いていて、
気になって集中できなかったそうですが、
泣き方が面白かったと言っています。
~中略~

気づいたことをシャアし合って良い時間を持てました。
結局夫婦で参加して良かったです。
良い機会を有難うございました。

------------------------------------



この方はご自身でオリジナルなクリエイトをなさって臨まれたようで、
そのクリエイト姿勢が素晴らしいのではないでしょうか。

そしてまた貴重な気づきがおありになったそうで、

( こういう機会にはとかく不思議体験を期待しがちですが、
それも楽しいことで、またその中での学びも大小さまざま有る訳ですが、)

実感を伴って内側から湧き上がる”気づき”は、生きた学びとして、
より一層大事なのではないでしょうか。
そういう意味で、
とても素晴らしい体験をなさったと言えませんでしょうか?


また、奥様が月の役割をしぜんとなさったようですね。
ルナライトは夜空にあるのではなく、(夜空にもあるけれど、)
実は”ご家庭”にあったということではないでしょうか。
 祝福・・・・・・です。(^^*



こういうシャアを読ませていただきますと、
この瞑想会を行った甲斐があったというものです。
素敵なシャアを
有難うございました!!! (^o^)/



~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~




さて
もう2月ですね。

そろそろ梅のつぼみが見られる頃でしょうか?
季節の節目の節分を過ぎれば、もうすぐ春ですね。



春よ、早く来い来い。

ill_ume01.gif


 


☆-------------------------------
2月4日追記





お一人の方がご自身のブログに感想をお書き下さいました。
この方は前回(昨年6月)にも参加くださって、その時も素敵な体験(感じ方)をなさっていらっしゃいます。
もち、今回も・・・・です。 (^-^)
是非ご訪問になってお読みください。


* ロージーさんのブログより
 「満月のルナライト瞑想会」
http://blog.goo.ne.jp/rosy727/e/563acc1e1d566535e073250a68c7b627


R様、素敵な記事を書いてくださって、有難うございました!!!  (^o^)/















ワークセミナーやイベント
2013/01/29

ルナライト・エンパワーメントグループ瞑想会を終えて  感想

 
 

大寒の満月
(撮影1月27日午後7時50分)
(ブルーの光はレンズへの反射光です。)

20130127tuki1-1.jpg



2分後 少し場所を移動して撮影

20130127tuki1-2.jpg



 月光・・・・・・・  美しか・・・・・・  。

 


~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~




この記事は前の記事からの続きの内容になります。




今回のルナライト瞑想会では
ルナライトへのコネクションをとおして、
(繋がりの先が)ルナライトを超えてしまったかもしれません。
そんな気がする・・・・・・・・、
その理由は
下記の中に。





↓流れ
 ほとんど時間感覚が飛んでいます。

~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~

 ここから先、相当長いです。(苦笑)



自分のエネルギー準備は8時半ごろから始めています。
そしてたぶん9時~9時30分ぐらいの間のどこかの時間に(時間の記録がない)

空気が質をかえて立体になったみたいに
空気の中からふーわりと

女性的存在が現れ、

お辞儀をするので、
つられて私もお辞儀をしますと、

私(その方)がサポートしますと挨拶をして下さり、
お願いしますと、全くの自動反射的にこちらも挨拶する。

すると空気は元の空気のままとなり、女性は消える。


???と、思う間もなく、
この時私は立っていたのですが、
なにかに押されるように、
椅子に座ると

体の周囲(前後左右)に透明な光の火柱が立ち、
それは箱状になり、
光の箱の中に入ったかのような状態となり、(箱詰めの私?)
ことに左側は巨大な火柱が立っているようで、身動き取れなくなり、

意識が消えました。
そして例えようのない”感じ”の中にしばらく居ました。

(↓これは、その時の感じを、後で振り返りながらの回想です。
この時、私は無空間にいるようでしたが、無ではなく、何らかの光の中のようでした。
光という実体を感じていました。
その光とは?
推測の域を出ませんが、
あれは何?という問いに対して、翌朝、答えとして浮かんだ言葉は
グレートセントラルサンというものでした。---?ですけどね。)



10時前に一旦意識が戻っています。
すぐに単座瞑想に切り替えました。


すぐに自動的に
光の神殿の中に入って居ました。


神殿の中は光に満ちて、適度に眩しく、心地よく
神殿の壁際からは
たくさんの存在が光を放射しているのが感じられます。が、
感じるや否や、
猛烈な睡魔に襲われ、そのまま倒れそうな程の眠気です。
(なぜか水の精?らしい妖精のような存在もちらりと見えました。)


ハッシ!と気を取り直し、
眠気を振り払おうと、(イメージで、神殿の中の椅子などを)拭き掃除をしたりしてみましたが、(爆)
眠気さましの効果はなく吸い込まれそうな眠気。

とても堪えられそうにない・・・・・・・・ので、
眠らないうちに支度してしまおうと

皆様をお呼びすることにしました。

お一人づつ、お名前を呼びしますと
面白いことに

どの方も、


お二人のガイド様と思われる存在をお連れになり、というかサポートされ、
神殿の壁をするりと抜けて、お越しになり、
(事前イメージ設定で)円状に用意した水晶の椅子に、着席されます。

どの方も3人体制で、しかも入り口と設定している場所からではなく
壁から
お見えになります。
(エーテル体が、お越しになるのですから、
壁抜けなど、たやすい訳ですね。入り口を設定する方が
アホというものでしたね。笑)


こんな訳で神殿は予定より混み合いました。
(自動的に大きくなりますので安心ですけどね。(爆))


私も着席しますと、正面の方が、とても遠くに見えました。
(椅子を置いた円が大きくなっている。)



全員の着席を見届けると、早速、
紫の炎を使っての浄化のアプローチを開始します。

すると、それがまた、もの凄いことになり、
紫色の、しかし、まるで灼熱の炎、
すさまじい熱さ、熱、熱さ・・・・・・・・・そして、
高く高く高く炎を上げて燃えさかります。ゴーゴー、ボーボー、ゴーゴーと。

炎の凄さは
思わず
火事?と目を開けて周りを確認してしまったほど、
イマジネーションというより実感を伴うものでした。

眠気はすっかり吹っ飛び、
自分も紫の炎で燃やされていましたところ、


しばらくすると
今度は雰囲気が一転し、

波が押し寄せて来ました。


波はよく見ると、

無限の形↓です。

130127hatinoji2.gif


無限の形が重なり合って、寄せては返し、しています。


20130129-2.gif



(波とは無限を意味するのですね~。)



波は時々荒立つ大波のようにも変化しました。


そうしてこの波が引いた後、

会場の全員が、
なぎ倒されたように横たわっているのが見えました。
横たわり眠っているようでもありましたが、倒れているようでもあり、
覗きこんでしまいましたが、
妙なことに付き添いのガイド様たちも一緒に横たわっているのです。

ガイド様たちも一緒にという点を、???と訝しがっていると、


ふと視点が変わり、
気付くと

洗われて?取り除かれた?らしいものが、
神殿の外の宇宙に放出され流れているのが見えます。
それが、すごく美しい・・・・・・・・。
まるで銀河のよう・・・・・・。

(放出されたのがゴミとするなら、金色の美しい星屑と言えましょう。)


バックのブルー空間はもっとずっと透明感がありました。
(透明感が書けません。)
130127hosikuzu2.gif


銀河って、こうして生まれるのかしら?とマジで思いつつ、
星屑?の、流れ行く様の美しさを、しばし見惚れていました。




また睡魔に吸い込まれそうになります。
まだお役目は終わっていないということで、次を早めます。

こうなると時間管理はもう滅茶苦茶ですが、先に意図設定だけはしていますので、
その流れに乗るように、再意図しつつ、行わせていただいています。
(このころが10時半ごろです。)




ルナライトのアチューメント設定を
この場合、コールインメゾット方法で事前に済ませていますので、
そのロック解除の合図をしました。

すると一気に、神殿の中に、
淡いブルーがかった純白の光が、会場を貫くように注がれ、
内部を満たします。

光は滝のように降り注いでいます。

全員、横たわったままで、
たまたまピョコンと起き上がる存在が見えますが、すぐまた横たわります。
(付き添い側の存在のようでした。)


~ 自分もその中に居て、中に居る自分と
外から様子を見ている自分があり、二つの視点が同時存在しています。~




巨大な光の柱を、外からの視点が、捉えました。
柱は神殿を丸ごと包む太さで、
神殿の少し上に、ブルーがかった光の玉があり、

神殿に注がれている光は、このブルーがかった光の玉から注がれているように見えます。


、よく見ると、


そのはるか上空に、巨大な光の玉があり、
注がれる光は、実は、この巨大な光の玉が発生源のようなのです。
そして光の柱もまた、この巨大な光の玉から降りています。

光の柱は、神殿の外を包み、
下にまっすぐにのび、地球を丸ごと包みこんでいて、

滝のような光は、光の柱を伝わり、
ブルーがかった光の玉を貫き、そして神殿を貫き、
そして地球へと注がれています。


息を呑むほどの、
たいそうスケールの大きなビジョンでした。
このスケール感を前にして圧倒され、
失神したかのように、
この辺で、意識が途切れています。

これ以後、しばらくの間、全く記憶がありません。





誰かが肩を触れ、終わりました、とささやくような声が聞こえた気がして、
目を開けると、
10時55分でした。



気を再び取り直し、お一人お一人のお名前をお呼びして、起きていただくと、(笑)
皆様が、輝き、光りながら、
神殿を出られ、お帰りになってゆかれました。

(この辺意識が飛んでいますので、人数確認までは出来ていません。
減っていたかもしれませんが、おぼろげです。)

おぼろげながら
このときガイドさま達はご一緒ではなかったような・・・・。
どこに行かれたのでしょう?
姿が見えず、判りませんが、
神殿を、この後で、天上に戻しています。
なので神殿と共に天にお帰りになったのかもしれませんね。



(不思議なことに意識が途切れていても、
端座瞑想の姿勢は崩れていませんでした。)



私も起き上がろうとすると、サードアイがショートしたかのように
火花が散っていて、
さらに頭部の左半分を
太い光の柱が、突き刺さる様に、伸びていて、
その部分の頭部は感覚がありません。


沈静化のために、ひたすら呼吸を続けるなどしましたが、
しばしの時間を必要としました。





~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~





グレートセントラルサンという言葉が登場していますが、
気にかけないことにします。


こうしたワークの中で登場するビジョンは、人智を超えているパターンがしばしばです。
なので分析や判断は、かえって野暮というものですから止めておきます。


ただ・・・・・・・・・・・・、
最後に見たあの大迫力の光の映像の前で、
(意識が途切れる前に)ふと思いましたのは

なんて、地球は小さく
ささやかな惑星なのだろうということでした。

このささやかな、
(見方によれば、花のつぼみのように愛らしい)惑星を、

そこで生をいただき育んでいるはずの私たち人間が、
どれほどに長年にわたり、無造作に破壊し続けてきたのでしょうか。
 それは今もなお続いている・・・・・・。



愛おしい感覚・・・・・、
そして、許しという言葉が、胸に浮かびました。





私の感想は以上です。
(長々お読みくださって、有難うございます。 (^-^; m(__)m )





前回とは雰囲気が違っていて、
でも私的には、それなりに印象深い、
満月の夜&日曜日の過ごし方になりました。




ご参加くださった皆様
ご一緒して下さいまして、

有難うございました。 

















ワークセミナーやイベント
2013/01/27

今夜の瞑想会、光の神殿でお目にかかりましょう。/ 終了しました。 / 28日追記

 
 
 
  
今日は良いお天気です。
そして本日は満月です。


本日夜予定の、
愛と癒しの浄化の、
ルナライト・エンパワーメントグループ遠隔瞑想に
ご参加表明くださった皆様

どうぞ宜しくお願い申し上げます。


後程
光の神殿(イメージでの)のなかでお目にかかりましょう。(^o^)/


ご参加のお申し出は今夜7時ごろまで間に合いますので、
どうぞお気軽にお申し出ください。



ご案内の記事が埋まってしまいましたね。
こちらです。↓
http://irises39.blog116.fc2.com/blog-entry-404.html


善意のご奉仕の意図を持ちつつも、
ご自身にも、月光の癒しの光のプレゼントを贈りましょう。



☆-----------------------------------
終了後




大変なパワフルな光に包まれて、意識が飛んでしましたが、
皆さま、いかがでしたか?

サードアイが火花が散っています。
目を開けていられないので、
シャアは落ち着いてからにしますね。



北海道 S・S様
千葉  K・S様
神奈川 M・A様
岡山  Y・K様
岡山  E・T様
三重  R・K様
愛知  H・M様
愛知  Y・S様ご夫妻

ご参加ご協力有難うございました。

皆様にとって、星降る素敵な満月の夜でありましたことを、お祈りします。




☆-----------------------------------
1月28日追記





ルナライトを共有するグループアチューメント瞑想は
昨年6月(初回)に続き2回目になりますが、
パワフル度や広大感が、前回より はるかに 増した感がありました。
このことは
昨年の冬至前後の、地球規模のエネルギーの変化と関係があるのやもしれません。
あるいは人数が前回より増えたことも関係あるのだろうか?
理由は判りかねますが、

こうなると、
猛烈な睡魔に吸い込まれ、熟眠というか爆睡というかの現象となりがちですが、
皆様いかがでしたか?
もち、その場合、眠って下さって良いのですよ。^^


☆ すでにお一人の方から、
「時間より早い段階で、猛烈な睡魔に襲われ、
ちょっとだけのつもりで横になったら、そのまま夜中まで熟睡してしまい、何も判らなかった。
楽しみにしていたのに悔しいです。
いつもなら必ず起きている時間なのに、どうなったのか?と思ってます。」という
シャアをいただいています。(笑)

(この猛烈な睡魔というのが、この時の感じ方、と思ってくださって宜しいのではないでしょうか。)



私も、ものすごい睡魔に襲われてます。
そして実際に意識が途切れているので、途中眠っていたのかもしれません。(笑)



一応流れを記憶の範囲で、次の記事で書かせていただきますね。

ではまた後日。(^o^)/

















ワークセミナーやイベント
2013/01/19

2013年最初の満月の夜  ルナライト・エンパワーメント、グループアチューメント瞑想のお知らせ




夜空の月光

20130119tuki-3.jpg

この写真は、昨年度11月29日夜撮影のものです。
(11月28日満月の翌日)
--- 雲の斜め下部にあるブルーの光は月の光のレンズへの反射光です。
 (オーブではありません。(笑))



↓光輪が大きく拡がっていましたが、
カメラ(コンデジ)性能の限界でしょうか?
もちデジカメ初心者のまどろっこしい腕のせいもあるでしょう・・・・・・、
光輪の、えも言えぬ美しさまでは捉えられませんでした。

20130119tuki-1.jpg






~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~






さて、またしてもお知らせが遅くなりましたが、
今月の満月(今年最初の満月)の夜、 1月27日(日曜日)
地域、日本、世界、へのご奉仕活動のひとつとして、グループアチューメント瞑想を行います。


月のリズムに合わせ、ことに満月と新月の夜には、
日本でも各所で瞑想会など企画されていることと思います。
グループで参加しないとしても、好きな時間、好きな場所で、個人個人で意識チューニングあるいは一人静かに瞑想なさる方もきっといらっしゃることでしょう。

私も常は一人静かに・・・・系ですが、
今回は、昨年6月に行いましたのと同様の方法で、半年ぶりになりますが、
グループアチューメント瞑想を行ってみようと思います。

(注:ここでいうグループとは、心(意識や意図や思い)を合わせ、
ご一緒に、心で、同じことを共有するという意味のグループです。
どこかに身体を持って集まるのかどうか、その辺のことがよく判りにくいとご指摘がありましたので、
追記します。^ ^ )




行うのは ルナライト・エンパワーメントです。
ルナライト・エンパワーメントは月のエネルギーと直につながりつつ繊細な癒しをもたらします。

今回はこのエネルギーを個人から地球上へと拡げ、拡がったエネルギーが地球の内部へ浸透し、
人類が長年積み重ねてきたカルマやトラウマが癒され、浄化解放が促進されるよう、意図し、宣言し、かつ祈ります。
(地球というイメージが漠然としてピンと来ない場合、お住まいの地域や、気になる場所(たとえば被災地)などに癒しの光が伝わってゆく様子をイメージされると良いでしょう。)



 このグループアチューメントは、善意の奉仕として行わせていただくものですので、無料です。


ルナライト・エンパワーメントについては こちらのHP頁をご参照ください。




* この瞑想は、お一人お一人が「光の担い手」であるという観点で行わせていただきます。

アチューメント設定を、参加いただける方全員に行いますが、
お一人お一人がグループアチューメントの受け手であると同時に、
光の降ろし手(光を放射する担い手)と意図していただければ幸いです。
その意図が地球への奉仕になると信じます。

(意図は事前に行い、受ける際は只静かに、月に意識を向けるぐらいで宜しいかと。)



* 私自身も参加して受けます。(笑)
コールインメゾット形式で設定をしますので、その時間に、私自身も参加し受けることが出来るわけです。

※ コールインメゾットとは: 設定した時間に、設定したエネルギーが流れるよう、先に意図をとおしてプログラミングをする方法。


* 時間は夜10時頃より瞑想開始しますが、
10時半から、イメージで「天空の光の寺院」に集まっていただきます。
その時間に呼吸を整えたり、ご存じであればご存じの方法で、グランディングや光のプロテクトをなさってください。
その時間の前からでももちろんOKです。


10時45分よりアチューメントが行われるよう設定します。
アチューメント時間は約15分とします。


お時間のご都合のお悪い方は、ハイアーセルフに依頼して、ご自分の都合の良い時間に受け取るように意図を設定してみてください。
(どうなるのか期待は脇に置かれてチャレンジなさってみてね。)



* ご参加はどなたもOKです。
善意のご奉仕としての奉仕瞑想です。善意のお気持ちでお願いします。


お手数ですがお名前だけで結構ですから、右側のメールフォームから送信してください。
(メールフォームは画面右側の本の紹介の上です。)
メールフォームがご面倒な場合、拍手コメント欄からでも結構です。
(拍手コメントは公開・非公開がご自分で選択できますので、便利ですよ。)

すでにご縁のある方は、どうぞお名前を。
お名前を知られたくない方は愛称でも結構です。
(どちらにしてもお名前の公開は致しませんのでご安心くださいませ。)

天空の寺院でその名をお呼びして参加設定します。



 個別でのメールご返答は致しませんので、その旨ご了承ください。
また通常のアチューメントセッションの際にお送りしている事後シャアレポートも、省かせていただきますので、その旨もご了承ください。
当日の実瞑想という実行動あるのみです。




参考資料として
グループアチューメントに参加していただくにあたり、
下にリンクしましたイメージング法を活用なさってみてください。

テキストから抜粋していますため、公開はなるべく控えたいと思いますので、
このリンクは瞑想会終了とともに外します。

☆アチューメントを受ける際に☆
(1月28日にリンクを外しました。) 



お一人お一人が光の担い手であり、お一人お一人が光のマスターです。
そういうおつもりで、瞑想の仕方、感じ方など・・・・・・ご自身でクリエーションし、
ご自身の感性のアンテナを思いっ切り伸ばし、


どうぞ楽しんでください。♪
ご一緒に楽しみましょう。♪ 




前回の感想などはこちらです。

↓この頁下の方です。
http://irises39.blog116.fc2.com/blog-entry-348.html

↓シャアあれこれ
http://irises39.blog116.fc2.com/blog-entry-350.html


ご感想は自由にどうぞお寄せください。
お寄せいただく方法は
メールアドレスをご存じの方はご存じのアドレスへ、
または記事下部のコメント欄を有効としておきますので、コメント欄にお書き込みください。
(記事下部に小さくComment(コメント)と書かれた文字をクリックされますと、
入力欄が表示されます。)

個別のお返事は致しかねますので、代わりにブログ上でご挨拶させていだきます。


どうぞ宜しくお願い申し上げます。



皆様のご参加をお待ちしてます。



光降る、素敵な夜になりますように・・・・・・・・・・。o(^-^)o 




















ワークセミナーやイベント | Comments(0)
2012/12/12

コスミック・ウインドー(宇宙の窓) について ザラザイエルさんから

  



ザラザイエルさんからの緊急メッセージ
(ナチュラルスピリット社様からのメルマガより一部抜粋)


コスミック・ウインドー(宇宙の窓)

--- 12月12日から12月21日の冬至までの10日間にかけ、好機会をもたらす宇宙の窓が開きます。
アイン・ソフ評議会は2012年を『偉大なる決断の年』と宣言しました。この期間中、
地球に存在するすべての魂が、アセンション過程の実現のあり方を左右させることになる
投票権をもっています。今度の冬至が投票日です。現時点では多数の可能性がありえますが、
その多くは恐怖に基づかれていますが、中には光に基づいたものもあります。---


先の記事でご紹介したサネヤロウマンさんの呼びかけの中に
人類のためにポジティヴなヴィジョンを持つことの重要性:
という記述があります。
(前記事をご参照ください)

この部分は人類の今後への方向付けとなってゆく、いわば道路の青写真づくりへの
ポジティブな意図を持っての参加の呼び掛けと理解できます。

ザラザイエルさんのメッセージにある投票
それと共通する意味合いがあり、
今後の人類の道筋の方向性への投票と言えるのではないでしょうか?

投票と言う言葉が心にフィットするかどうかは別として、
今、私たちの有り方(意識の持ちよう等)が、未来の私たちの道を決めて行くということでは、
共通していると思えます。

(日本では、この10日間のど真ん中に衆議院総選挙があります。
凄いタイミングですね~。
政治に無関心ではいられませんぞ。
原発問題、日本がどう対処するのかしないのか or 対処出来るのか出来ないのか?世界が&ET達も見つめています。震災復興もまだ未知数の様相ですし・・・・・。)


今日から10日間
(10日間と限定する必要は本来は無いようなものですが、
期間を決めることで意識を集中させやすくなり、
それにより意識を高めてゆきやすくなり、
また多くの人が意識を合わせることでポジティブな波が大きくなるというメリットは十分有るかと。)
可能な範囲、ポジティブな ビジョンを持ち、
可能であれば、宇宙の愛と一つになる瞑想をするなどして、
素晴らしい未来図を描いてみませんか?

--- 未来図には、想像力(創造力)を使いましょうね。





ザラザイエルさんって誰?に関しましては、
ナチュラルスピリット社様
または
下記書籍をご参照ください。

ライトボディの目覚めライトボディの目覚め
(2000/05)
アリエル、タチーレン 他

商品詳細を見る

















ワークセミナーやイベント
2012/12/11

”平和のスピリットを呼ぶ”  サネヤ・ロウマンさん年末年始の平和の祝典

 
 

12月にはマヤ暦に関わる各種イベントが各所で行われています。
皆様もきっと思い思いの方法&場所で、それぞれベストにお過ごしのことと存じます。


下記はサネヤ・ロウマンさんから世界に向けての呼び掛けによる
年末年始の「平和の祈りの瞑想」のご紹介です。


~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~


 原文
サネヤ・ロウマンさん公式HP
http://www.orindaben.com/pages/home/wwmeditationpeace/

 日本語訳(転載元様です。)
サネヤ・ロウマン研究会さま
http://sanaya-roman.com/index.php?CelebrationOfPeace


平和の瞑想の祝典
平和のスピリットを呼ぶ
by オリン and ダベン

(オリン&ダベンはサネヤ・ロウマンさんがチャネリングする愛の光の存在名です。)



1、深夜0時の、約5分前、快適に、平和な気持ちで瞑想できるように、
   姿勢を整えてください。

   深呼吸して、光に包まれるイメージをしてください。
   呼吸ごとに、光を取り込んで、自分を光で満たしてください。
   体のあらゆるところに、光を送ってください。

 2、あなたの魂に呼びかけて、あなたの周りを、魂が光とともに、
   取り囲んでいるのを想像してください。
   あなたの魂は、いつでも、あなたの呼びかけに応じます。

   輝く光と、あなたの魂の、愛に満ちた態度は、
   彼ら自身の気づきと、あなたの気づきを、結び付けます。
   あなたがそれに、気づいているかどうかに関わらず。

   あなたのハートの中心を、愛で、広げてください。
   すると、あなたのマインドは、よりクリアになり、
   感情は、静かで平和になります。

 3、自分自身を、光り輝く太陽と、想ってください。
   光で満たされ、限界のない、光の透明な入れものになってください。

 4、あなたと一緒に、瞑想している、
   たくさんのライトワーカーたちの魂を、感じてください。
   あなたと、彼らの魂との関係を、観察してください。
   みんなで、世界の周りに、美しい光を創っているのに、気づいてください。
   世界は、魂として参加している、みんなの光で、輝き始めます。

 5、啓発的な存在、マスター、ガイド、天使、教師的な存在、の光が、
   世界とライトワーカーたちの周りに、光の織り重なったパターンを、
   創り出すことに気づいてください。

 6、啓発的な存在から、あなたを含む、すべてのライトワーカーに、
   光が流れていることに、注意を向けてください。
   流れてくる、光、強さ、勇気、同情、喜びで、自分を満たしてください。

 7、平和を求めている、魂たちの呼びかけにより、
   地球にとても近づいてきている存在がいます。
   これが、とても偉大な存在、『平和のスピリット』です。

   この瞑想では、みんなで、平和のスピリット=偉大な平和の天使が、
   平和と共にやってくるように、呼びかけます。

 8、深夜0時、又は、いつでもあなたにできるとき、みんなの瞑想に加わり、
   平和のスピリットに呼びかけて、この偉大な天使に、すべての人のハートに、
   平和というもので触れてくれるように、お願いしてください。

   このスピリットは、触れることで、とても大きな変化を創ることができる、
   現実的な存在です。

   確信とともに、こころの中で、または、声に出して、“オーム”と言うことで、
   平和のスピリットから、返事が返ってくるでしょう。

 9、平和のスピリット、この偉大な天使が、呼びかけを聞き、気づき、
   人間に集中してくれていることを、経験しましょう。

   この天使が、すべての人のハートに、触れてくれていることを感じましょう。
   このエネルギーを受け取るために、あなたのハートの中心を、開きましょう。

   深呼吸をして、この天使が送るエネルギーが、あなたという存在の、
   すべてのレベルに送られるようにしましょう。

10、この偉大な平和の天使を、あなたの人生に触れさせましょう。
   あなた自身の人生に、より平和を創りだし、経験すること、
   このような、世界へ平和を提供することに、反映させましょう。

11、“私自身を通して、平和のスピリットに表現させます。”
   “私は今、平和とハーモニーを、私と関係するものに持ち込みます。”
   “私は、どこでも、私の行くところで、やさしさと、善意を広げます。”
   “私は、自分の思いを見つめ、批判や非難を手放します。”
   “私は、愛と光を広げる言葉を、話します。”
   “私は、平和を放ちます。”
   “私は、いつでも平和とハーモニーに生きることに、値します。”
   と、自分自身に言ってください。

12、自分を、光り輝く太陽のように、想ってください。
   あなた自身の人生における、あなたの平和への望み、
   あなたの放った輝く光が、人々へ直接届くことを、許してください。

   あなたが、他の人への、平和と善意の、光り輝く中心となっていることを、
   想像してください。
   
   あなたの友人、家族、あなたと関わるすべての人々、
   惑星上のすべてのライトワーカー、
   それぞれの地域を平和に導く、世界中のリーダーたち、
   すべての人々、植物、動物、鉱物のために、
   あなたが、平和のために輝くように、世界中のあらゆる存在も、
   参加していることを想ってください。

   計れるものは、何もないでしょうから、結果は気にしないでください。
   価値があり、重要なことを、すべての存在に提供したのですから。



=====================

以上が瞑想のやり方です。

それと、人類のためにポジティヴなヴィジョンを持つことが大切だそうです。
次は、その訳です。

=====================


人類のためにポジティヴなヴィジョンを持つことの重要性:

今までにないほど、たくさんの人々が祈りに参加しています。
そして、愛、団結、すべてのためにより良い世界へ、
といった意志が集まり、集中しています。
それにもかかわらず、あなたは、内なるワーク、
祈りの結果を見ていないかもしれません。違いを作り出しているのに。
あなたは、あなた自身のための、あなたの子供達への、未来の世代への、
より良い世界への道を準備しています。

世界を乱す出来事が起きたとき、あなたの想像力を使って、
結果として起きた、ポジティヴなものを想い描きましょう。
どれだけ悪いことかということに注意を向けるのではなく、
すべての場所の生命の中に存在する、
変化の可能性についてのヴィジョンを保ちましょう。
恐れの中に生きたり、ネガティヴなシナリオに力を与えることを減らしましょう。
それらを考えたり、想像したり、心配することをやめましょう。
いつでも、ネガティヴなものが、あなたの心にやってきたら、
人類のためのポジティヴなヴィジョンと置き換えましょう。

結局、今の世界の状態は、地域間の大きな団結とともに、
よりしっかりとした世界となるでしょう。
それに、どれくらいかかるのか、そのプロセスは、どれだけ簡単か、難しいのか、
ということは、自由意志の惑星に生きてるあなたに、言うことはできません。
人類のハートの中心が、目覚めていくという方向性は、見ることができます。

どんな考えや信念も、よりオープンで、愛に満ち、包み込み、
広い視点にシフトするができるということに、気づけるようになることで、
人類のためにより早く、より高い団結へ移行することを助け、加速することができます。

愛を表現するという、あなたのコミットは、今の時点で、
あなたの与えることのできる、最大のギフトです。
あなた自身にも、同じように、愛と情を与えてください。
そして、あなた自身をやさしく扱い、他を愛することを、
自分自身を愛することから始めてください。


Let us Hold a Vision for Humanity 人類へのヴィジョンを持ちましょう

あなたのポジティヴな想いを力づけるために、
1つかそれ以上のビジョンを選びましょう。
(同じように、あなた自身のヴィジョンも創りましょう。)

・どこにいる人々も、彼らのハイアーセルフにインスパイアされた、
 正しい決意をし、そしてそれを上手に行います。
・人々は、精神的にクリアーで、感情的に静かで、霊的に気づいています。
・すべての人は、彼らの想像性、力強さ、勇気、そして知恵にふれています。
・ここには、先例のないレベルでの協力、チームワーク、分かち合いがあります。
・人類は、愛、新しいアイデア、魂のつながりの、流れそのものを経験しています。
・ここには、望み、楽観、未来へのポジティヴなヴィジョンがあります。
・人々は、宇宙は友好的であり、いつも彼らに働きかけていることを知っています。
・人々は、豊かさを信じ、彼らの人生で、その豊かさを創り出すことができます。
・人々は、必要なものに対してサポートし、援助や分かち合いを気前よくしてくれます。
・非難は、理解、愛、協力に置き換えられます。
・すべてのライトワーカーは、勇気、インスピレーション、
 望み、光の輝く中心となります。
・人々は、どこでも、彼らのライトボディーに気づいています。
・人類は、Divine Will (神聖な意志)とともにいます。
・人類は、リーダーの位置にいるすべての人々による、
 啓発的なリーダーシップを持ってます。
・人々、地域、人種間の境界は、無くなります。
・人々は、お互いと、動物、植物、鉱物界とのワンネスを知っています。
・隔離は、協力になり、孤独は、友情になり、分離感は、一体感になります。
・すべての人々は、彼らの高い目的を生き、追いかけることに自由です。
・人類は、彼らの高い目的に気づくようになります。
・それぞれの人が、彼らの気づきを広めて、真実のヴィジョンに気づかさせます。
 そして、彼らの人生のすべてを発展させます。
 それは、彼らの魂の本当の活動を行うということになるでしょう。
・人々の個性は、彼らの魂の愛、光、意志を行うための、伝達手段となります。
・すべての人々は、地球を尊敬し、地球とそこにいるすべての生命とともに、
 調和の中に生きます。
・人類の計画は、すべて、美しさと完璧さの中で行われます。




転載ここまで
~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~


時間は厳密に合わせる必要はなく、
時差のあるそれぞれの国の年末年始の、個々人の都合のよい時間に、10分程度で良いようです。
場所も思い思いの場所でOKです。




瞑想の内容にピンと来るものがありましたら、そしてご都合が宜しかったら、
年末年始の何処かの時間に(心で)ご一緒に参加しませんか。



* サネヤ・ロウマンさんってどんな人?については、
下記著書をご参照ください。

パーソナル・パワー―光の存在オリン、人間関係とテレパシーを語るパーソナル・パワー―光の存在オリン、人間関係とテレパシーを語る
(1992/06)
サネヤ・ロウマン

商品詳細を見る


リヴィング・ウィズ・ジョイ―光の存在オリンが語る愛と喜びのメッセージリヴィング・ウィズ・ジョイ―光の存在オリンが語る愛と喜びのメッセージ
(1991/03)
サネヤ・ロウマン

商品詳細を見る












ワークセミナーやイベント
2012/06/05

銀i色の光  満月のルナライト・エンパワーメント、グループ瞑想でのシャアあれこれ

 
 
 
紫陽花の季節

紫陽花は私の大好きなお花の一つです。

アイリスをテーマにした私のHPのバックグランド(頁の背景)に
アイリスのお花より紫陽花の方が多く使われていることにお気付きになっている方、お見えかもしれませんね。


蒸し暑さが増してゆき、ぐずついたお天気模様のこの季節に見る紫陽花の瑞々しい新鮮さは、毎年、格別の感がしています。




手まり紫陽花↓

temariajisai20120605e.jpg






~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~





昨夜は満月の機に添い、ルナライト・エンパワーメントのグループアチューメントという、
私としては、初の試みをさせていただきました。
プログからも、(すでにご縁のある方ばかりですが、)少ない人数ながら、参加のお申し出をいただき、
声をかけた友人も、参加という形での協力を快諾くださって、

自分としては幸せ感のある満月の夜のひと時を過ごすことが出来ました。

ご参加くださった方はいかがだったのかしら?



下記は私の感じたことの概略ですが長くなります。




準備瞑想中


始めるとすぐに体が拡大した感があって、自分の位置が判らなくなる。
(月がどこで、地球がどこで・・・・・・といった位置関係が不明の感じ。
 呼吸でグランディングに努め、位置関係の回復にも努める。)


体が透明になった感じで、透明の体の中に、月や星が・・・・・・・・、体が透き通った状態で、内側に見えている感じになる。


次に
ざんぶりざんぶり・・・・・・・と揺れる水になっている感じになる。

水だな~と(笑)思いつつ、揺れている。
(体が容器になっていて、容器は透明、その中に水が満ちていて、容器の体が揺れて、中の水も揺れている・・という感じ。)
 この感じはライタリアン・レイでも経験したな~と思い出す。




しばらくの間、ざんぶりざんぶりと揺れていて、
やがて水となっている体の中心あたり(胃袋あたり?)から何かを掌で掬い上げるようにして、
何かをつまみ出す。

それをそっと空中に置く。

卵?と思うが、なんと  だった。


この時とっさに北欧の神話を思い出したりするが、
まだ水となったままの体の前に、柔らかな、ちょっと圧の違う空気のような何かが存在し、
その柔らかな何かがどうやら声をかけてきているらしい。
(ファンタジー映画をみているよう・・・・・透明な、でも優しげに話す口だけが目の前にあるかのよう。)

声というほど明確ではないけれど、なぜか伝わる。

こんな感じのこと。

地球と月は同じもの。地球の欠片が月。
地球が3次元の旅をするにあたり、違う立場で見守る役として、欠片をつくり、宙に置いた。
欠片は片時も地球から離れず、地球を癒し続けている。月と呼ばれるピュアな存在。
そのクリエーション(創造)は、あなたが自分で、したのですよ・・・・・思い出して。
(貴方というのは私個人という意味ではなく、おそらくは私たちの集合意識のオーバーソウルではないか?と。)

は・・・・・?と思いつつ、なぜか、もの凄く納得している。
(そういえば、あの時そうだったわね~と、懐かしい古い友人または身内と、親しげに話しながら、とっても古い過去を懐かしく思い出しているような納得のしかた。)





水がざんぶりざんぶり揺れるのが静かになり、非常に細かい漣が立っている感じになる。
水面から無数のしぶきが立ち昇っている。
よく見ると、しぶきに見えるのは小さな妖精達・・・・・・・・無数。
水面から産まれるようにして、水面の全体から無数の妖精が次々、静かに立ち昇っている。
(とても神秘的かつ幻想的な場面。)




自分が母としての体となっている気がする。
そして、マザーは、それは という気がする。(もちイメージの世界でのことです。)


(ここではガイアとの関係は見えていません。マザー・ガイアはどうしたの?などと突っ込まないでね。)





ここで、はっとして我に帰る。



(ここまでは端座瞑想です。
椅子に位置を変えようとして立ちあがろうとすると、足がしびれていて、動けず、
意識が完全に物理次元に戻る。(苦笑))

このあとで、コールイメゾットの設定をする予定でしたが、
足を労り休憩したため、時間がなくなり、
アチューメントはライブ形式になりました。





アチューメントの前に
神殿の中で調整する場面がありますが、長くなりすぎますので、ここで書くのは省略します。
で、↓


アチューメント



すぐに銀色の光線が降り、全員を包むのが見えました。
その後しばらく静かな場面となり、

気が付くと、大地に潜っている感がします。
アチューメントは空中の神殿の中で行われるよう意図しています。
ここではその神殿ごと大地に潜った感じです。
そして、とても初々しい・・・筍の赤ちゃんが産まれたような感覚がしました。
瑞々しいというか、筍であるはずはないのですが、若筍のような・・・・香りまで気のせいか香ってきた気がしました。

そして今度はグ~ンと持ちあがり、浮上してきました。神殿が潜水艦であったかのように・・・・。

次にパ~ンと音がして、ミニ・ビッグバンみたいに、
神殿の上部付近で、光の玉が炸裂し、
そこから、銀色の光が霧状に放射され、降り注がれています。
全体が銀色に輝き、きらきらしています。



この辺までは外から見ている視点があったのですが、
ここで自分が受け手側の視点に変わり、
あとはよく覚えていません。



覚えているのは何とも言えない心地よさ・・・・・& 美しい銀色の輝き・・・・・・のみです。

気付くと、サードアイに火花が散っていて、まるでショートしているようになっていました。





~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~






ということで、途中で記憶が飛んでいますが、自分としては、楽しめました。^^
ことに事前瞑想中のビジョンが楽しく印象深かったです。

月は、あのようにして創られたのかしら???????????と、
そんな気が、マジで、したりするのでした。

あの感じを思いだしながら、今夜も月を眺めてみようと思います。





皆様は楽しんでいただけましたか?
ご参加下さった皆様、有難うございました!!! ☆☆~ (^o^)/





またタイミングが合えば、このような機会を設けたく思います。
(いつになるかのお約束は出来ませんが。)

今回は急でしたが、次はもう少し早くご案内できるよう努めますね。
皆様、その際は、お嫌でなければ、どうぞご参加なさってみてくださいね~。







☆-----------------------------------------






いただいた感想から


 友人参加してくださったF様より

~ 月の見える部屋で電気を消してソファに横になりました。
半透明のカーテンのような縦の光が横切ったと思うと
明るくなって、大きな花が見え、その上に女性が座っていたので、Aさんと思って、声をかけると、
場面が変わり、自分が花の上の女性でした。
凄く美しいビジョンが見えて嬉しかったです。
素敵な機会を有難う! ~


F様、こちらこそ、あ・り・が・と・う。(^o^)/
 
 


* ブログからお申し出くださったK様より

~ 上から薄紫と淡い緑の
美しい光が降りてきて、部屋の中で動き回るのが見えました。
とてもきれいで、うっとりとながめていましたよ。
もう一つ、足の裏から地球のエネルギーがどんどん入ってく
る感覚もありました。(すごくジンジンして、グラウンディングしてい
なーと、はっきりわかる感じです。)
お月様のパワーは、静かでやさしいようで、実はすごいのかも、と思いました。
とてもすてきな夜を過ごさせていただきました。
ほんとうに、ありがとうございました! ~


K様、素敵なシャア有難うございます。(^o^)/


皆様のシャアそれぞれに感動します。


































ワークセミナーやイベント
2012/06/02

満月のグループアチューメント瞑想のお知らせ ルナライト・エンパワーメント

 

 
このところ毎度ですが、すっかり間が空いていますね。f(^_^;

とは言えこの物理次元の人間界に一応まだ無事に所属して居ますので(笑)
どうぞご安心くださいね。 




このところ天体イベントが目白押しですね。
先日は金環日食、ご覧になりましたか?

引き続いて今月4日満月は部分月食、
続く6日は金星が太陽をよこぎる金星の日面通過となるのだそうで・・・・・・・お~!




下は満月写真です。↓

tukisyaisn2012nensinpuru.jpg



さて、急ですが、6月4日の満月の日は、
5月の満月の日(愛の祭典:ウエサク祭)同様に世界中で愛による祈りの瞑想が行われます。
6月の満月瞑想は善意の祭典と位置づけられるそうです。
 (このことはサネヤ・ロウマンさんのHPを参照しました。)


月のリズムに合わせ、ことに満月と新月の夜には、
日本でも各所で瞑想会など企画されていることと思います。
グループで参加しないとしても、好きな時間、好きな場所で、個人個人で意識チューニングあるいは一人静かに瞑想なさる方もきっといらっしゃることでしょう。


私も常は一人静かに・・・・系ですが、
今回はグループアチューメント瞑想を行ってみようと思います。


行うのは ルナライト・エンパワーメントです。
ルナライト・エンパワーメントは月のエネルギーと直につながりつつ繊細な癒しをもたらします。

今回はこのエネルギーを個人から地球上へと拡げ、拡がったエネルギーが地球の内部へ浸透し、
人類が長年積み重ねてきたカルマやトラウマが癒され、浄化解放が促進されるよう、祈ります。

(このグループアチューメントは、「善意の祭典」の呼びかけに応じて、私が出来る奉仕として行わせていただくものですので、無料です。)


ルナライト・エンパワーメントについては、こちらのHP頁をご参照ください。




* この瞑想は、お一人お一人が「光の担い手」であるという観点で行わせていただきます。

アチューメント設定を、参加いただける方全員に行いますが、
お一人お一人がグループアチューメントの受け手であると同時に、
光の降ろし手(光を放射する担い手)と意図していただければ幸いです。
その意図が地球への奉仕になると信じます。

(意図は事前に行い、受ける際は只静かに、月に意識を向けるぐらいで宜しいかと。)



* 私自身も参加して受けます。(笑)
コールインメゾット形式で設定をしますので、その時間に、私自身も参加し受けることが出来るわけです。


* 時間は夜10時頃より瞑想開始しますが、
10時半から、イメージで「天空の光の寺院」に集まっていただきます。
その時間に呼吸を整えたり、ご存じであればご存じの方法で、グランディングや光のプロテクトをなさってください。
その時間の前からでももちろんOKです。


10時45分よりアチューメントが行われるよう設定します。
アチューメント時間は約15分とします。


お時間のご都合のお悪い方は、ハイアーセルフに依頼して、ご自分の都合の良い時間に受け取るように意図を設定してみてください。
(どうなるのか期待は脇に置かれてチャレンジなさってみてね。)



* ご参加はどなたもOKです。
善意の祭典としての奉仕瞑想です。善意のお気持ちでお願いします。


お手数ですがお名前だけで結構ですから、右側のメールフォームから送信してください。
(メールフォームは画面右側の本の紹介のさらに下です。)
メールフォームがご面倒な場合、拍手コメント欄からでも結構です。
(拍手コメントは公開・非公開がご自分で選択できますので、便利ですよ。)

すでにご縁のある方は、どうぞお名前を。
お名前を知られたくない方は愛称でも結構です。
(どちらにしてもお名前の公開は致しませんのでご安心くださいませ。)

天空の寺院でその名をお呼びして参加設定します。



 個別でのメールご返答は致しませんので、その旨ご了承ください。
また通常のアチューメントセッションの際にお送りしている事後シャアレポートも、省かせていただきますので、その旨もご了承ください。
当日の実瞑想という実行動あるのみです。




参考資料として
グループアチューメントに参加していただくにあたり、
下にリンクしましたイメージング法を活用なさってみてください。

テキストから抜粋していますため、公開はなるべく控えたいと思いますので、
このリンクは瞑想会終了とともに外します。

☆アチューメントを受ける際に☆
 (↑6月8日にこのリンクを外しました。)





お一人お一人が光の担い手であり、お一人お一人が光のマスターです。
そういうおつもりで、瞑想の仕方、感じ方など・・・・・・ご自身でクリエーションし、
ご自身の感性のアンテナを思いっ切り伸ばし、


どうぞ楽しんでください。♪
ご一緒に楽しみましょう。♪ 








光降る、素敵な夜になりますように・・・・・・・・・・。o(^-^)o 









☆-------------------------------------------

(6月4日 アチューメント瞑想を終えて)



T様、K様、O様、
グループアチューメントに関し、急なお知らせ記事でしたのに、
ご参加のお申し出を有難うございました。

こちらでは母と友人2人と、自分も受ける側に入れて、合わせて7人でのグループ瞑想になりました。


グループアチューメントを奉仕で行いたいということは、前から心づもりはあったものの、なかなかタイミングが合わず,
結局は今回が初の試みなのですよ。
今回は急に思い立って、いきなり記事を書き、何の支度もなく、あたふたと行わせていただいたようなものですが、
なぜか全く躊躇なくというか、不安なく向き合うことが出来ました。





とはいえ、ただ今、サードアイが凄い状態になっています。
この続きは明日また書きますね。


取りあえず今夜はこれで、おやすみなさい。o(^-^)o (-.-)zzZ





































ワークセミナーやイベント
 | HOME |