FC2ブログ
2018/08/16

ブログ見直し整理中です。



昨年夏の写真です。

道路脇で。

17080911.jpg




ご無沙汰になります。


当ブログは現在、構成やテンプレートや古い記事のリンク切れ等を
調べながら、整理をしています。


古い記事を読み直しますと、リンク切れの多さに驚きます。
このままでは雑多なイメージになりますので、

手直しを始めました。


それなりに多い記事数なので、すぐにはという訳には行きそうになく、
時間がかかりそうですが、

無理しない範囲で見直してゆくつもりですので、


宜しくお願いします。











暮らしの中で ~あれこれ~
2017/12/07

独自ドメインを終了し、元々のアドレス(ブログURL)に戻ります。




「Ayaの徒然お便り」は2017年12月末をもって
独自ドメイン「irises88.jp」の使用を終了します。

そのため、URL(ブログアドレス)が
下記に変更になりますので、
お知らせします。
(独自ドメイン設定前の元々のアドレスに戻るだけですが。笑)

こうなります。

irises39.blog.fc2.com
 


 


どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
 
 
 

暮らしの中で ~あれこれ~
2017/02/15

ブログの再移転再開のお知らせです。 (追記:アドレス修正しました。)

 
 


休止していましたブログですが、
下記で再開することにしました。

現在はまだ記事が少ないのですが、急がず慌てず、だんだん積み上げてゆきますね。
 


 タイトルはまだこれから変わる可能性がありますが、ひと先ずはこれで。
  
   Life綴り ~風の光・花の音~

       
 URL
  http://www.78blumen.com/



 
ブログ記事の話題をあまり絞らずに、
暮らしの出来事や、
アートや詩などの私にとっては欠かせない心の趣味の話題など織り交ぜることを前提に、

タイトルにLife(暮らし)と名付けてみました。


ちなみにURLの始めの78の後ろの「blumen」は草花のドイツ語です。
私がアチューンメントセッションを通して何度もお世話になった、
ドイツ在住の素敵な女性のイメージからいただきました。
 k様 有難うございます。^^

 


 
正月に緊急休止そして削除した先のブログでは、
それなりに嫌なことを経験しましたが、
貴重な学びになりました。

 
でも今度は、出来れば何の被害にも遭わないよう、
どうか皆様、温かに応援下さいましたら、とっても嬉しいです。(*^_^*)


どうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m 





ところで
このFC2ブログさんは、全くの初心者だった私が見よう見まねでありながら
長年何事もなく平穏にブログを続けることが出来ました。

長年有難うございます。

これまで記事はこれからもこちらにお預けしますのと、
また、ちょくちょく戻って来ますので、
どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
 


今日はブログ再移転再開のご挨拶でした。(^-^)/







 
 
 


暮らしの中で ~あれこれ~
2016/07/22

久々のご挨拶

 
 
  
長い間、ブログ&HP更新をお休みしました。


3月に体調を崩してから、
様々に症状を変えながら、
長引きました。



身体の変調は
エネルギーの変化に伴うことがあります。
今年の身体の変調はそれも有るかなと思えます。

が、もち基礎体力や免疫力などの低下も著しく有りのようで、
いろいろな面で(食生活の有り方など含めて)見直しをすることとなり、

これも必要な見直しと充電時期だったのかもしれないと思うことにしています。




何にしろ
体調の方は大分安定してきましたので、


そろそろ、
ブログ、HPの更新&見直しに移ろうと思います。


(ブログはお引越しを考えてますので、
何処に移ろうか、ただ今、急ピッチで思案中です。
移転先が決まりましたら、ご案内させていただきますね。)






お休みで自分でも自分のブログ&自分のHPに立ち寄らなかった間にも
訪問して下さっていた皆さま

有難うございます。m(_ _)m 



慌てずゆるりペースですが、ぼちぼち再開しますので、またご訪問くださいね。


今日はご挨拶までで失礼します。 














暮らしの中で ~あれこれ~
2016/04/13

急病明けて、お礼とお知らせ

 
 
 

↓手振れしてますが・・・(^-^;

下から見上げると降る雪のよう…・・ということで写してみようと、
のけぞって踏ん張り・・・・・・・モーモーへたくそね。 f^_^; 。。。

160406.jpg





ご近所で見られる桜は、
このところの雨ですっかり散りました。
もう季節は皐月の新緑の準備と思われますが、
皆様のお住まいの地域ではいかがですか?




~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~





さて、ご挨拶が遅くなりましたが、
3月後半に
体調を崩して高熱に見舞われ、2週間ほど完全病臥することになりました。
その時期に
セッションのご予約をいただいていた方や
また私用で予定の入っていた方たちにも
急な予定変更をお願いすることになり、

お願いした全員から温かなお気遣いやご配慮をいただき、
本当に有難うございました。


遅くなりましたが、
回復のお知らせと、
お礼を申し上げます。m(_ _)m 




体調異変は当初は微熱程度でしたので、
手元の漢方薬などで済ませようとしていて、
また、たまたま連休前だったこともあり、
病院を尋ねるのが遅れ、
症状が重くなってしまいました。



熱症状はお陰様で回復しましたが、高熱の後の熱呆けみたいになってしまい、(笑)
しばらく変調が続きました。


それもだんだん回復してきたかな?というところです。




( 高熱、こんな時は、西洋の医療に頼らざるを得ませんね。
有り難いものです。
それが無ければ、昔なら、体力次第で死に至るのでしょう・・・・・・・。






そしてまた、
今日はもうひとつ
医療系のお知らせなのですが、
もしかしたら、
手術入院をすることになるかもしれません。
(重いことではありませんので、その点はどうぞご安心をね。)

まだ様子見のところなので、どうするかは未定ですが、


取りあえず、
セッションの関しましては、
見通しがはっきりするまでの、しばらくの期間、
新しいお申し込みの受け付けを、
見合わさせていただきます。


すでにお申込みいただいています方や、
私の急病で延期をして下さいました方は
現在の予定どおり行わせていただくつもりです。

どうぞ宜しくお願いします。





また、
2月前に申し込みを完了していた自分が受けるセッションそしてWSの予定がありますが、
日程がたまたま病いに被っていませんでしたので、
セッションは先日無事に受け、
WSは5月の予定ですが、たぶん行けるでしょうと予想しているところです。
(こんな時はどんどん進んだ方が良いと思いますし・・・・。)



先日の受けセッションは私にとって、とても刺激的な体験となり、
まだ消化しきれていませんので、落ち着いてからになりますが、
ブログでも書かせていただこうと思っております。後日に・・・・。






では今日は急病のご報告と、
いただきました心有るご配慮へのお礼と、
今後のお知らせでした。




皆さまもどうぞお体をご自愛くださいね。






















暮らしの中で ~あれこれ~
2016/02/21

渋温泉旅行 その2  歴史情緒とジブリロマン  &  小布施

 


前記事からの
続きです。



前記事の書き始めでキッチンで煮ていた豆は、
煮終えて、この後一晩煮汁に漬け置きます。
(今深夜ですから。)

味付け仕上げは一夜明けてから。

味付けしてから
数時間から一晩、置きます。

おおむね二日がかりの煮豆です。

美味しくな~れ。




さて渋温泉の続きです。



~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~



「千と千尋の神隠し」を彷彿とさせる・・・・・・・・・・・、
金具屋という歴史由緒?ある旅館です。
(お泊りはここではなくね。(^-^; )

16sibu5-1.jpg




下調べで想像はしていましたが、実際その場に行ってみると、
確かにその感じ・・・・・・・、

奥の建物の最上階には”湯ばーば”が居そうですし、
窓からは白龍の”はく”が飛び立ちそうな・・・・・・・・・・・・。


歴史感とジブリロマンのある建物でした。




石畳の路地を散策します。
路地からはこんな感じの景色も見えます。


ビルなどもあるものの、歴史感漂う、ひなびた感じもします。
この、ひなびた感も、好きな人にはたまらない魅力となっているようですね。



16sibu5-2.jpg





かなりの年季の入った、重厚な造りのお寺です。
雪が深く寺社内散歩という訳には行きませんでしたが、
たぬきさんが可愛いです。



16sibu5-5.jpg





あとは温泉に入ります。
温泉は何種類もあります。



宿に荷物を預けて先ずは噂の外湯、9湯めぐり。
外湯は渋温泉全体の共有風呂のため
各お宿のチェックイン時間が過ぎると

混み合います。



私的に一番気に入ったのは
お宿の温泉。

宿は湯本旅館。

大正ロマン漂う、古~いお宿です。

雪も降り、雪見温泉です。
(とはいえ、大自然の中ではなく、近隣の家々が狭い範囲に肩を寄せあうように密集している町です。

すぐお隣の家の飼い犬の、夕方じゃ早くご飯おくれ!?の吠え声も
町ならでは愛嬌です。)




外湯が9種の他に
宿の内湯、露天、他に部屋の浴室と、
温泉はたっぷり。



宿泊客が外湯に出かけるせいか、内湯は空いてます。
ここでゆっくりしたかったのですが、
時間不足かな?で、
温泉をゆっくり味わうには、
一泊では足りない感じでした。





渋温泉は歴史が古いこともあって、
古い建物が多く、
細い路地に温泉とお宿&お土産店など密集していて、
当然、そこで暮らす人々の生活感も同居していました。




町のそこかしこ、
匂い立つのは温泉湯の匂いばかりではありません。
何と形容したら良いのかしら・・・・・・・・・・・・・、



長い歴史の中での幾多の生老病死・・・・・・・・・、
様々な悲喜こもごも・・・・・・・・など、
(それらはきっと湯治や観光で訪れた人々も含まれるのでしょうが。)




暮らしの中で、あるいは温泉に浸かりながら、
人々が吐き出した・・・・・・・・・・・・心の吐息、心の湯の花とでも
申しましょうか?



そういったものも
そこかしこで湯けむりのように浮かび見え隠れするようで、
歴史情緒の他に、そういう意味でも情感を感じる温泉地でした。




温泉に浸かりながら、ふと思いました。
もし、川端康成氏がご存命で、この渋温泉に連泊なさったなら、
味わいのある文学小説がまたひとつ生まれたかもしれない・・・・・・・、
どんな物語になるのだろうか?と。




翌日は
小布施というところに寄りました。
こちらはオシャレな町並みに整備されています。
渋温泉とは全く違った雰囲気が展開します。



葛飾北斎記念館
入口付近

16sibuobuse1-1.jpg



ここでゆっくり展示品を観賞。




近くには
喫茶も多く、しゃれた小路も用意されています。
東京、代官山に似ているとか?




雪が眩しい。



16sibuobuse7-4.jpg






「高井鴻山記念館」東門入口に植樹された

メタセコイア

16sibuobuse1-2.jpg




高井鴻山は、
葛飾北斎とゆかりの深い江戸末期の豪商&画家&思想家とのことで、
記念館は当時の建物の一部と暮らしや活動の面影が保存されています。
江戸期に思いを馳せつつ、見て回るだけで、時間が過ぎます。






帰路に着きます。
(駅ホーム上から)

線路脇の塀にかけられたPR看板が旅情を誘います。

176sibuobuse3-4.jpg





と、湯の花旅行シャアでした。^^ 












暮らしの中で ~あれこれ~ | Comments(0)
2016/02/21

渋温泉旅行 その1  車窓より

 


時折、
時間の感覚が無くなります。
それでも日常は時間に追われています。
そのギャップなのか?
頭の中に何やら虚無の空間?が出来てしまい・・・・・・・・・・・、
ギブアップ的に、思考停止というか、ボーっとします。

これは単に疲れなのか、
それともいわゆる呆けの始まりなのか?
はたまたアセンション症状なのか?

?、なれど、そんな時はまずは休みたい。



ということで、ひと息付きながら、
とはいえ、キッチンでは豆を煮ていますので、一息つきながらも何かしている・・・・・
さらにブログ書きまで始めているのは
もはや現代忙し病の域か?



等々言いつつ、
今日の記事は
大分遅れましたが、
節分前の寒中に、
歴史情緒を感じさせてくれる渋温泉に行った際のことを、
写真の整理を兼ねつつ・・・・・・・・・・・。



~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~



車窓より。


この光は何でしょうね?
ストロボと何かの光がかち合ったのかな~??と。
不明です。

写真上方の斜め横状の光の帯は電車内の明かりが映り込んだものです。

16sibu1-1.jpg



ストロボを解除しました。

16sibu1-2.jpg


同じような景色。
電車は進みます。
16sibu2-1.jpg



静かな雪景色になってきました。

16sibu2-2.jpg


アルプスの山峰が見えます。
例年と比べると雪が少ない様子。

16sibu2-3e.jpg

電車の動きを感じて下されば。
16sibu3-1.jpg


この辺りは例年なら、もう少し雪に埋まっていそうですが、
そうでもなく、やはり暖冬ですね。
16sibu3-2.jpg



絵画のような、
詩情ある風景。

16sibu3-4.jpg



ほぼ目的地付近に近づきました。
が、思ったより雪が少ないような・・・・・・。

16sibu3-5.jpg



ここから乗り換えがあります。
湯田中、渋温泉へと移動します。


湯田中駅では、お猿の温泉で知られる地獄谷方面行きの外人さんがとても多く、

駅スタッフの方はもとより、
自販機までは英語対応になっていました。

自販機で温かい日本茶を買ったところ、
Thank you
See you again.. と”自販機に”言われ、呆気。


駅にはお猿の温泉のPR写真がいっぱい。
ほんと気持ち良さそうに温泉に浸かるのですね、おサルさん達。
(PR写真によると。)







渋温泉に着きました。
宿まで歩きます。


道幅の狭い石畳の路地を挟んで温泉宿が並んでいます。
小さな温泉地で、
地域の人々の暮らしの生活感もいっぱいです。



途中、民家の軒先に大つらら発見
16sibu3-6.jpg


氷の天然芸術ですね。

16sibu3-7.jpg



懐かしの赤いポスト

一つも足跡がないということは
この日はまだ誰もこのポストに近づいていない模様ですね。

16sibu3-8.jpg





その2へ、つづく












暮らしの中で ~あれこれ~
2016/01/09

泡沫(うたかた)の夢のごとしの歳月 

 
  
 
ブログでのご挨拶が大変遅くなりました。



al011.gif新年おめでとうございます。




と、すでに元旦から何日も過ぎていますね。
 失礼しました。^^





月日の過ぎるのが実に早く感じる今日この頃です。

昨年もそうでしたが、今年もまた、
気付けばあっという間だったという感じに、歳月が走り去って行くのかもしれません。





月日の過ぎるのが早く感じる、時間が短く感じる、
この点については
マシュー君のメッセージでも述べられていて、
例えばこのように↓
---------------------------
この1年があっという間に過ぎ去ったように見えたことに異議を唱える人はだれもいないでしょう。でも、時間がどんどん早くなっているように見えるのは、地球が通り過ぎているエネルギー領域であること、また彼女(地球)がさらに高い波動エネルギーレベルに入っていくと、忙しい時間感覚はもっと強くなるだろうことなど誰も知りません。あなたたちはこのことを知っています。
----------------------------
マシュー君のメッセージ108
http://moritagen.blogspot.jp/2015/12/blog-post_15.html





とそのようにややこしく考えずとも、
時はやはり短いというか・・・・・・・・・・・・、
時だけではなく
振り返れば一生のすべてが儚(はかな)く感じてなりません。


日本に古くから有る
「浮世は泡沫(うたかた)の夢のごとし」ということば(川柳?)に
共感しきりの今日この頃なのは、
歳のせいも有りなのかしらね?






ところで、
お正月という年の初めは何かとイベントがありますね。
初詣やお世話になった方へのご挨拶等々、人によって諸々でしょうが、
当家では近親者の訃報もあり、
晴着だったり喪服だったり、
悲喜こもごもとなりました。





そんな中でも
今年の指針のようなものは大よそ浮かび上がってきています。

(中には自己実現に向けての方向性もあり、
この辺は秘密ということで。(^_-))



お仕事の面では
まだ具体的には煮詰めていませんが、
アチューメントセッションがメインだった構成を
変えてゆくつもりです。

大体の新しい内容が決まりましたら、アップしてゆきたいと思いますが、
私にとって大きなネックは
PC作業がもうもう大変(しんどい)という面があり・・・・・・・・・この点がいつも苦笑なのです。f^_^;



もう少し楽にPC作業が出来ると良いですが・・・・・・・、
こうしたフォローも
天使さん達にしてもらいたいものですが・・・・・・・・。


天使さん達、代わりにPC作業してくれない? (;∀;) 





と、冗談はさておき、



皆さま
今年も(歳月の早さとは比例せず、^^)
ゆっくりマイペースとなりそうな私ですが、

どうぞ宜しくお願いします。



またご訪問下さいませね。




















暮らしの中で ~あれこれ~
2015/12/28

充実した師走を・・・・。   どうぞ良き新年を。

 
  
  
一昔前、
師匠も走る師走かな、という川柳?がありましたが
 

今は?
宅急便配達のお兄さんがダッシュで走る師走かな、
の風情に見えますね。 (自宅窓より。)
 
 
重い荷物や急ぎ便、不在やらあれこれで、なかなかきついお仕事でしょうね。
我が家にも今日、荷物が届くはずです。
着いたら、労いと有難うを、短いことばで(先を急ぐことでしょうから)伝えたいと思います。




~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~




今月のエネルギーの変化は著しいものを感じましたが、
皆さまはいかがでしたか?
 

様々な方向で予期しない出来事や、考え直しを迫られる事柄が
意外なところで感情の落ち込みや揺れなど、
 

もしや多くの方が経験されたのではないでしょうか?
 

デトックスの一部と思いましょう。
全て完全の一部です。


 

デトックス&クリアリングは
心と体、だけではなく生活環境もですね。


たぶんどのご家庭も大掃除にお忙しいことでしょう。
あるいは、もうとっくに済ませてご旅行でしょうか?
 
 
我が家はこれからで、自分の住まいと
認知症の母の家の2軒です。
さ、足腰を鍛えて、掃除婦Aya、体力労働・・・・・お、ぎっくり腰にならないよう頑張らねば・・・・・・。(笑)

 

 

では
皆さま、どうぞ良き新年をお迎えください。





 
 








暮らしの中で ~あれこれ~
2015/12/21

満月のクリスマス   ☆メリー・クリスマス☆

 
 
 
  
現在、名古屋ボストン美術館で開催されている
ヴェネツィア展より
(2016年2月21日まで)

151219-2.jpg
ロレンツォ・ロット作
聖母子と聖ヒエロニムス、トレンティーノの聖ニコラウス
1523-24年
 


絵は赤子の未来の悲劇を暗示する構図になっていますが、
透明感のある明るい色彩で描かれた聖母子は清浄無垢なイメージに表現されています。
じっと見入っていると、心が次第に洗われてゆくような気がしました。




~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~




せて、早いもので年も押し迫り
クリスマスの週になりました。


今年のクリスマスは
満月ですね。
このタイミングは決して偶然ではありませんね。

それについて詳しく記すのは長くなるので遠慮しますが、
この素晴らしいタイミングの日に

心のデトックスやクリアリングをしつつ、
満月と聖夜の星々に、
願いや夢を託しましょう。



ani_bell02.gif

メリー、クリスマス!

皆さま、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ。





激しいまでに揺れ動く現代社会・・・・・・・・・・・に在る私たち、
普段はなかなか、そうは出来ずとも、
安らかさや楽しさ、喜ばしさを
クリスマスという機会に、満月と聖夜の星々の元で、たとえひと時でも取り戻しましょう。

一人一人のひと時が重なれば大きな集合エネルギーになります。
重なり拡がる集合エネルギー、それは喜びや愛のエネルギーであって欲しいものですね。




皆さまの心と暮らしに、幸せギフトがいっぱいもたらされますように・・・・・・・・・。
 




















暮らしの中で ~あれこれ~
 | HOME | Next »